モルディブ最南端環礁のヘラテラ

11月に訪れたモルディブ。
知人のモルディブ人が一年ぐらい前から勤めているということで
様子を拝見しに行ってみた。

ヘラテラアイランドリゾート(Herathera Maldives)
アッドウ環礁のガン空港からスピードボートで約20分の島だ。

国内線でマーレから約1時間ちょっと。
機内から眺めた島は、
あまりにも大きくて、まさかココがヘラテラ!?と思いつつも、
どう考えてもその通りで、びっくり。
島内地図

島内地図はコンパクトに見えるが、
南北およそ4.5km。あの・・・一周歩いたら、2時間はかかるってことでは!?
私が知っている限り、モルディブ最大の島である。
実際、ほとんどの島で、歩いて実測しているのだが、
片道で諦めた(帰りは、バギーカー)。
しかも、現在リゾートは改装中で、さらに先まで延長してリゾートを拡大する計画。
ヤバイ、もう歩けない(汗)。

でも、モルディブらしくない、と言われそうだが、
赤道の向こう側、やっぱり夢がある。

リゾートのメインジェッティも、訪れた人にワクワク感を与えてくれる。
メインジェッティ‘Herathera Maldives

これ、反対側から見るとこんな感じ。
LOVE JETTY

カップルが記念写真を撮るには最高のロケーション(笑)。

南北に細長い島で、ビーチがずっとつながっているわけではなく、
残念ながら、私の泊まった客室の目の前は
サンゴのガレ場だったのだが。。。
ヘラテラアイランドリゾート
GMの話では、人工的ではあるけれど、
すべて白砂のビーチになる予定だとか。
本当か!? でも、これまでにいろいろなことをやり遂げてきたモルディブ。
本当なんだろう。

でも、ドーニバーの前は“寝ヤシ”もあって、モルディブらしくフォトジェニック。
BEACH 寝ヤシ

これぞモルディブって感じでしょう?

標識

マリンスポーツセンターの前も
モルディブらしい。

島内の道もサンゴ砂で真っ白で、ヤシの木々も多くてモルディブらしい。
リゾート内の道

食事は、全食付きをリクエスト。
ビュッフェのパン

手作りパン、3種類のジュース、
肉、魚のメインディッシュ、サラダやオードブル(これがすごく充実!)
に加え、オープンキッチンで調理してくれるホットディッシュも多く、
5スターとまではいかないけれど、それに近い内容に大満足。
中国人ゲストが、シェフにリクエストして
丸々1尾、大きな魚を煮つけにして、出してもらっていたのもうらやましかった。

以前、ここは年間マンタに会えると書いたけれど、
北のモルディブとは、生態系がちょっと違う気もする。
ハウスリーフは、地図でいうと、下のほうでおもしろそう。

まだ改装中(拡大中)なので、完璧ではないけれど、
アッドゥ環礁のヘラテラ。
今までのモルディブとは一味違った海を楽しみたい方に行ってみてほしいなぁ。




スポンサーサイト
プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR