魚群を動かすもの

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


すっかりご無沙汰になってしまった。
出張先でネット環境が良くなった・・・と思ったのも束の間
最終日はまた全くつながらない状態になってしまって悪戦苦闘。
海外でWiFiが使えるといっても思うようにならないのは
自分のスキルの問題でもあるのだが、困る。かなり困る。

そうこうしているうちに帰国となり、水曜日の夜には日本に到着。

その後、すぐに入稿しなくてはならない仕事があったものの
飲み会あり、打ち合わせありで結局今日までかかってしまった。

と近況を簡単に書いたところで・・・

6月10日発売の『マリンダイビング』7月号でラパス特集を担当していることは
以前書いたような気がするが、
メキシコのバハ・カリフォルニア、ラパス。
ちょっとやそっとのページじゃ書ききれない。

昨年、一昨年とラパスを潜っていて感動したことのひとつが、
「ラ・レイーナ」のアジ玉。

グリーンジャック@ラパス

現地ではグリーンジャックと呼ばれるアジの仲間で、
太平洋東部とカリフォルニア湾(コルテス海のこと)では普通に見られる種。
日本近海で見られるマアジとはまたちょっと違う。

そのグリーンジャックがラ・レイーナという小さな岩の島の周辺に
ものすごい密度の群れを成していたのだ。

もともとラパスの海は透明度がスコーンと抜けることはあまりなく
20m先が見えれば最高といった感じなのだが、
外海にあるラ・レイーナでも透明度がわりといいはずなのに
アジの群れが来たら真っ暗になるほど。

群れの下に潜り込んだり、群れに分け入ったことがあったのだが
群れの下にいる時は天井が見えないほどの圧迫感に気圧され、
群れの中に分け入った時は、上も下もわからなくなるような感覚におののいた。
ダイビング中「怖い」と思ったのはこの時が初めてだったかも。
それぐらいすごい群れなのだ。

その群れが右へ左へと移動するのが大きな物体が変幻自在に変化しているようで
また圧巻なのだが、
「なんでこういう行動をするんだろう?」と
群れの後ろをチェックしていたら・・・
来た、来た、プレデター!

グリーンジャックを捕食するのだろうか、
ロウニンアジのような大きな回遊魚が群れを成して群れを追いかけている。

グリーンジャックの後を追い回す大型のアジ

やはり日本近海ではあまり見ない形のアジの仲間で
Pacific Crevalle Jack(パシフィック・クレバーレ・ジャック)という英名の大型魚だ。

ほかにも時々、バラクーダのように体が細長い、マチェテと呼ばれるターポンの仲間や
捕食者ではないのだろうが、水面近くでギャフトップセール・ポンパノというコバンアジのような魚が
グリーンジャックの群れの後ろ辺りで群れていた。

いや~、やっぱり魚群ウオッチングはおもしろい。
スポンサーサイト

晴れてくれ~!

南太平洋の島に来ております。
こちらへ来て4日間が過ぎ、
ネット環境が良くなった!(部屋でWiFiができる!)と思ったのもつかの間、
あまりのアップの出来なさに悩んでおります。

今日は今のところ大丈夫なんですが、
昨日、別の部屋に泊まっているカメラマンに
転送してもらったメールが今頃届くという事態。
仕事なんかできやしない。

ってことで・・・
仕事は帰国後に全て回すことにして(汗)
今、パラオで言うところの「ツカレナオシ」(疲れ直し)=ビールを飲んでおりやす(笑)。

来る前の天気予報が最悪だったので、
着いた当日は、かなり晴れていてテンション上げ上げだったのだが、
おとといの午後ぐらいから下げ下げに・・・。

残すところあと一日。
今日の午後ぐらいから天気が快復しているので
たぶん大丈夫だとは思うのだが、
晴れてくれ~~~!! 神様、お願い!!

今年はサメの当たり年!?

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



前回のトゥバタハリーフ出張で最後の最後にハンマーヘッドシャークに会えた。
その前のソコロクルーズでは、ハンマーリバーには当たらなかったけれど
ハンマーヘッドシャークにそこそこ会えた。

で今、来ているところでは・・・
初日の1本目に、なんと、タイガーシャークに遭遇!

自分ひとりしかそこにいなかったので
(みんなはケーブに入っていた)
ものすごく怖かったのだが、
最初、あまりにも大きくてジンベエザメかと思ったので
ドキドキする暇がなく、
体の模様を見て、「そっか。これはタイガーじゃん」と冷静になっている自分がいた。

向こうもこちらに気づいたもようだが、特に向かってくるわけでもなく
もともと目指している沖の方へ向かうのみ。
通りすがりのタイガーシャークをたまたま見かけた・・・といった感じ。
距離はおそらく10mもなかったとは思うのだが、
襲われなくてよかった・・・と後になって、ぞっとしたり、ほっとした。

写真はそんなわけで、証拠写真ぐらいなのだが、
「マリンダイビング」の特集で使ってもらえるかもしれないので
今のところ掲載は不可。


では・・・というわけで
今日撮った写真をご紹介。

ツマグロ

トラフザメの赤ちゃん


どこで撮ったかは・・・後日お知らせさせていただきます。
でも、結構ずるい写真ですみません!!

ちなみに、上がツマグロ(ブラックチップリーフシャーク)、
下がトラフザメの赤ちゃん。


ところで、今日は中日。
明日、明後日とまた別の場所で潜って(本当に潜れるのか!?)
しあさっての25日(水)にこちらを出発する予定。
私にとっては短すぎるので、もっといたいんだけどなぁ。


モルディブサファリ シーズン終了

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



先日のGWが終わり、
人気のモルディブダイブサファリもシーズン終了!
ということで続々と、現地で活躍していた日本人ガイドが帰国している。

「アイランドサファリロイヤル」のまとばっちこと的場さんも帰国したのだが
先の東日本大震災でご実家が被災され、
(4月にいったん帰国していて、ご家族は元気だそうだが、
津波でご実家が流され、避難されているのだそうだ)
すぐにご両親の元へ帰ったとのこと。

一日も早い復興を祈るばかりである。
と同時に、私たちにできることをしていかなければ。

「ブルーシャーク2」もGWの週で今シーズンが終わり、
10年(!)勤めたカズミさんこと清水和美さんが帰国。
カズミさんは、ご家族の都合でこのたび常勤を退き、
時々お手伝いに行くというスタンスに変わるのだそうだ。

いや~、モルディブのダイブサファリで10年!
陸にいるよりも海での生活が長いサファリ生活・・・
本当にお疲れ様でした!

先日、そんなカズミさんにお会いすることができた。
kazumishimizu.jpg


まだ帰ってきたばかりで「実感がわかない」とおっしゃっていたが
本当にそうなんだろうなぁ。


同じ「ブルーシャーク2」からは、
キヨコさんこと鈴木希与子さんも帰ってきていたのだが、
あっという間にモルディブへリターン!
忙しい方である。


そして、やはり「ブルーシャーク2」で
1月からガイドとして乗船していたメキシコ人のマルコも帰国。
marco.jpg
ちょっとだけ日本に立ち寄って
大好きな焼き肉を食べに出かけていた(笑)。

マルコにはラパスでもガイドをしてもらわなくてはならないので
(現地で手ぐすねを引いて待っているダイビングサービスの方がいるのだ)
たぶんモルディブに戻るとしてもまた先になるのだろうが、
「とりあえずゆっくりしたい」と言って
アメリカでの休暇へ旅立っていった。

モルディブのダイブサファリ船はこの時期ドック入りし、
メンテナンスへ。
7月頃には生まれ変わって、新たなシーズンへと入る。

次のシーズンは、2隻ともしばらくの間は
南北マーレ&アリ環礁の王道ルートと
バア環礁のぐるぐるマンタルートを
ほぼ交互に行う予定。
忙しくなるんだろうなぁ。

ということで、ゆっくりガイドさんたちには休んでいただいて・・・

次のシーズンも、ダイブサファリに行きたくてうずうずしてきた次第。
皆さんもぜひ!

メキシコ ラパスの街情報

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



明後日(うわっもう明日だ)18日から1週間の出張なのだが、
GWの出張から帰って増刊『楽園モルディブ』の原稿書きを終えたのが昨日。
6月10日発売の『マリンダイビング』7月号を今、必死に書いているところなのだ。

今回は3つのエリア特集を担当させていただいているのだが、
そのひとつが昨年9月に行った世界遺産コルテス海のラパス。
3年連続でラパスに長期間行っていたので、書きたいことは山ほどある。
だが、悲しいかな、スペースは限られていて・・・
気づけばラパスの街情報が入らない(涙)。

うーむ。

最初に行き出した1990年代からラパスの街はと~っても変わっていて、
まず街の前に広がる湾がきれいになり、
海辺には人工のビーチができている。
ラパスの「マレコン」(海岸通り)に沿ってできたビーチ

ビーチ沿いにはウォーキングやジョギングにもぴったりな遊歩道もできていて、
ところどころにラパスを象徴する像が立てられている。
クジラのジャンプ!・・・の像が
クジラのほかにも、イルカやラパス(平和という意味)を象徴する鳩、人魚などの像がある。

ゴミ箱もアシカにカメさん。
ゴミ箱かわいい!

かわいい街になっているのだ。

昔からある有名なアイスクリーム屋さん「ラ・フエンテ」の前は
とってもかわいらしいベンチと、水玉模様の木が。
おいしいと評判のアイスクリームやさん


でもちょっと横道に入ると相変わらず凹凸は激しくて
コケそうになるんだけど・・・。
ただそんな横道もよく見ると、クジラの印があったり、
小さなペンションの前にはオシャレなタイルが貼ってあったり・・・。
舗道もクジラ模様 タイルもかわいい


おいしいレストランも続々登場しているのだが、
大ヒットはイタリアンの「パレルモ」レストランだろうか。
新しくできたイタリアンレストラン「パレルモ」

外観もラパスとは思えないぐらいオシャレだが、料理がめちゃウマ。
イタリアンはもうひとつ「La Pazta」というオススメの店があるが
「パレルモ」、やるなぁ。パスタもピッツァも肉も魚もとにかくオイシイのだ。

ラパスではエアコンが効いた店はあまりないのだが(中華料理店ぐらいか)
ここはエアコンが効いていることもあって、いつも混み合っている。

この「パレルモ」のシェフが、
9月に新しく始まる日本人向けダイブクルーズ船「スピリット」号に
シェフとして乗船してくれるという。スゴイ!

・・・と、ここでもほんのわずかでこれだけのスペース。
編集業って、やっぱりストレスがたまるなぁ。

なんてぼやきはともかく、
夏休みにどこに行こうかまだ決めていない方はぜひ、ラパスへどうぞ!
今出ている『マリンダイビング』6月号の付録「ツアーブック」にも
ラパスツアーの情報があるので、ご覧くださいませ~。

喜怒哀楽

今日は朝からさまざまなニュースが飛び込み、
さまざまな感情が沸き起こる。


スペイン・ロルカでM5.1の大地震
3.11の東日本沖大震災から2カ月。
また来るんではないかと思っていたが、
ヨーロッパで今度は大地震。
スペイン南部では地震対策などしていなかったのか、
レンガの建物がボロボロと壊れている映像が。
亡くなられた方は本当にご愁傷様です。ご冥福をお祈り申し上げます。

でも、まだ東日本にも大きな地震が来る可能性は大。
油断はしないで対策を。
そして、被災地&被災者への支援を小さなことからしてかなければ。


福島原発 一号機の水がない
どのニュースでも淡々と読み上げていたけれど、
これって大問題じゃないか。
今さら何を言っているんだ!?
本当は知っていて隠していたのでは!?
やっぱり最初の段階で放射線が大量に流れていたってことでしょう?
そりゃ神奈川県のお茶っ葉のセシウム量もアップするわ・・・


上原美優の自殺~簡単に死なないで
種子島の大家族出身の美優ちゃん。
おもしろくて結構好きだったのに・・・
簡単に死んじゃダメだよ・・・
まあ、理由は本人にしかわからないし、本人にとっては生きていたくないほど辛かったのだろうが
やっぱり自殺は許せない。
いただいた命は大切にしなきゃ。


広部さんが女優・羽田美智子さんと結婚!
今日、唯一うれしかったのがこのニュース。
最近のうれしいニュースの一番かも。
先日の鍵井カメラマンや岩手のボランティア報告の会@BOXにも
広部さんは、鍵井さんの撮影ということで参加されていた。

ひろべーこと広部俊明さんは水中カメラマンと紹介されているが、
もともとはアイドルで、
卒業後はダイビングにはまって恩納村の海を5000本以上潜り
沖縄・恩納村のダイビングサービスのオーナーに。
恩納村沖の海中鍾乳洞「広部ガマ」の発見者でもある。
撮影にも目覚め、
数年前からはCSの番組のプロデュース&撮影も手掛けている。

私も取材でお世話になったことがあるのだが、
キムタク似の(っていうと本人はあまりいい気もちがしないようだが)イケメン。
いつもパワフルで、元気で、
いつも新しいことを企画していて、おもしろい方である。

こんなおもしろい人が独身なのは、不思議だなぁと思っていたら、
そういうことだったのかぁ。
いや~、おめでとうございます!!
本当によかった。
今度は離婚報道・・・なんてことにならないように、
お二人で末永く愛あふれるときをお過ごしください!


・・・ということで、
写真ナシのブログになっちまいましたが、
夕方から急に熱発で朦朧としている関係でお許しを!
(ってか、合った写真がないんだけど)








モルディブの風邪薬!?

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



日曜日は暑かったものの、
フィリピンから帰って思いのほか日本が寒く、
気づいたら、思いっきり風邪を引いていた。

ここのところ風邪らしい風邪をあまり引いていなかったので
お医者さんに処方された抗生物質とか風邪薬の余りがない・・・。

そういえば・・・と、
しまっておいたモルディブ土産の”風邪薬”を出してみた。

モルディブ土産の風邪薬

「サマハン」(Samahan)

ホントは薬ではなくて、ビタミンと漢方のようなもので
モルディブ土産ではあるけれど文字を見るとスリランカ産。たぶん。

モルディブに暮らす日本人たちが
風邪かな?と思ったら飲む・・・ということで
いただいていたのだ。

風邪かな?
じゃなくて、風邪にキマリ・・・な状態だったのだが、
これと市販の風邪薬とコーラで乗り越えようとする。

・・・乗り越えたような気がする。

そういえば、モルディブの首都マーレには
漢方薬屋さんのような薬屋さんがあって、
そこは何が何だかわからないのだが
木の根っこや葉っぱ、実などいろいろなモノがあって
見ているだけでおもしろかったなぁ。

普段、薬類を飲まず
「気持ち」だけで治るという体質だけに
漢方薬は結構キライではないほう。

皆さんは南の島で何か”ヘンな”(危なくない)薬を常用されてますか?


あ、そういば今日は5月10日。
ごとーの日だった。
別に大したことは何もなかったんだけど。


さらにそういえば、
著書
「スクーバダイビング読ん得ガイド」(水中造形センター刊 税込1680円)
のことをすっかり宣伝するのを忘れてました。

ダイビングが好きな方、
ダイビング三昧の生活をされたい方、
ダイビングがうまくなりたい方、
ぜひ、お買い求めください。

私分の売上を義援金に回させていただきます!





ジンベエもマンタもいなかったけど・・・

このブログの写真は富士フイルムのFinePix で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



そういうわけで、無事、世界遺産トゥバタハリーフクルーズは終わった。
行きのディレイにはやられたが、
その後はほぼ順調。

トゥバタハリーフはサンゴの種類が非常に豊富で
そこに棲む魚の種類も豊富で、
回遊魚もそこそこ見られるということで、のんびりと潜るのが正しいスタイル。
でも、昨年はマンタもジンベエザメも現れたし、
同時期にいた船からはタイガーシャークも出ていたので、
どうしても期待してしまう。

だが、今回は天候がスカッとせず、大潮周りなのに、流れがガンガン走ることもなく
大物は期待できないかなぁと思っていた。

途中、サンセットカクテルというイベントで
レンジャーステーションの砂洲へ行った際、
他の船の客も集まっていて、聞けばその日の4本目、ジンベエザメに水深35mで会ったという(深い!)。

うちの船も4本目に同じポイントに行ったグループがいたが、
ジンベエに会ったという報告はなかった・・・。
(そういえばその前のダイビングでマンタに会った人が一人だけいたが)。

とりあえず、マンタもジンベエザメもいるらしい・・・が
最後の最後まで私の目の前に現れることはなく、
本当にクルーズ最後のダイビングへ。

出ました! ハンマーヘッドシャーク!!
DSCF1563.jpg

ハンマー命というゲストのKちゃんの執念が実った形で
発見できたのだ。
スゴイ。
そしてハンマーヘッドシャーク、大きい。

とりあえずうちの船「オーシャニック・エクスプローラー」号のゲスト全員が見ることができ、ほっとする。

Kちゃんの努力もスゴイが、
トゥバタハリーフはやっぱりいい海である。
ガイドによって見せ方も異なるし、海況によっても全然違うし、
一度行っただけじゃ、この海の良さはわかってもらいにくいような気がするが。
3年連続で同じ時期に同じ海に潜って、こんなにいろいろなバリエーションが楽しめるというのもなかなか素晴らしいなぁと
改めて感じた次第。

また来年もこのお仕事が回ってきますように!




ダイビング・ドット・コミュの「ココ・デ・メール」コーナーでも
トゥバタハリーフのハンマーヘッドシャーク関連記事を書いています。
併せてご覧ください!
http://diving-commu.jp/cocodemail/item_5444.html

帰ってきました!~初日の痛いディレイ

先ほどフィリピン・トゥバタハリーフクルーズから戻って、帰宅しました!!



まずは初日の12時間ディレイ報告から・・・


出発日の4月29日は早朝、ほとんど寝ないままに7時頃成田に到着。
フィリピン航空のカウンターに向かうと何やら長蛇の列。
まだカウンターが開いていないのかと思って最後尾につくと・・・
「本日のフィリピン航空マニラ行きは、機体の調整により15時発に変更させていただきます」
のアナウンス。

いきなり、ディレイ!?

たぶん15時といっても、きっと遅れるに違いないと
これまでの経験(自分のというよりは、いろいろな人の経験談を聞いているため・・・)が私に囁く。

とりあえずそれでもチェックインはするようで
カウンターが開いて、少しずつ前に進み始めた。

しばら~くして、自分の番になったので、
ディレイの状況をカウンターの方に細かく聞いてみる。
「必要なパーツを、セブ発の飛行機に乗せて運んでいるところです。
12:55成田着ですので、それから修理を始めますから早くて15時出発になるかと・・・」
とのこと。

ってことはまずチェックすべきはセブからの飛行機。
それまでは、どこかでのんびりするしかない。

ちなみに、もともと9:30発が15:00発になるということで
朝食券1000円分と昼食券1500円分が支給された。
支給された食事券

両方合わせて使うことも可能なのだが
とてもお腹がすいたので、とりあえず朝食を。
普段はそんなことはしないのだが、
ずっと起きているのでなんだかラーメンが食べたくなり、いつも行く店へ向かうが
ナント、工事中。
しかたないので、カフェテリア形式の「フィエスタ」で920円だったかな?の味噌ラーメンを食べる。

その後、買いたいものが見つからなかったので、
第一ターミナルへ行って買い物をしたりして時間をつぶし、
第二ターミナルに帰ってくると、セブ発の便が予定より早く12:30頃到着予定となっていることを知る。

12:30までどこかで時間をつぶそう・・・というよりも眠いので落ち着けるところを探そうと
今まで行ったことのなかったカード会社のラウンジへ行ってみる。
あまり広くないけれど、とりあえずゆったりできる場所を確保。
無料でインターネットもできるので(一人15分ほどと制限されているのだが)助かった。


で、12:30頃、チェックしがてら昼食を取るために外に出てみる。
セブからの飛行機は到着したようだ。

よしよし・・・と昼食を取るためにレストランへ。

向こうでは食べられないかなと思い、カツカレーを注文。
ランチはカツカレー(高カロリー!)
(朝・昼とものすごいカロリー)。
まだ時間はたっぷりあるので、生ビールもつけてみた。1500円はオーバーしたけど、まあいいだろう。

まあ、セブ便も到着したことだし
そろそろ出国してゲートへ行くかと、わりとギリギリになってゲートへ行ったのだが・・・
15:00近くになっても搭乗する雰囲気はまったくなし。
15:00過ぎになって、アナウンスがあって
「出発の予定が過ぎておりますが、現在機材調整のため出発時刻がまだわかりません。
ゲートの近くでしばらくお待ちください」
といった内容が。

ゲートからは飛行機がよく見えるので
観察していたのだが、修理の人たちは撤収していた様子だったため
もしかして、セブから届いたパーツはダメだったってことか!?
思わずカウンターへ行ってみると・・・同じことを思ったゲストがいたようで
係員が「現在ほかの手段を考えております」といったようなことを答えている。

うーむ。
これは時間がかかるぞ。

それまでほとんどカウンターの辺りにしか行ったことがなかったのだが
ゲートラウンジをうろうろ歩いていると、
大きな笑顔で手を振っている方が。
ダイビング業界の知り合いが3名ほどそこにいた。

一人だったので不安だったのだが、
とりあえずそのグループに混ぜてもらう。
時間はあっという間に過ぎた。ありがたい。

が、飛行機は飛ぶ様子がない・・・。

夕方になって、
マニラからの定期便が19:55分着なので
それを利用するため、新しい出発予定時刻は21:15という情報が一瞬駆け巡る。

が、その機体はエアバス300-777とかで、
私たちが乗るB747のジャンボ機とは席数が圧倒的に違う(少ない)。
何十人かが乗れない・・・
どうすんの!?とあちこちでプチパニックが起こりだす。

そうこうするうちに
新しい出発予定時刻が消え、再び「未定」となった。

その理由を聞くためにカウンターへ行くと
「修理の必要なパーツを現在、他社ANAから分けてもらうことで調整中だから」とのこと。

最初からやってくれればいいのになぁと思いつつ、
乗り切れない人のことを思うと、とりあえず直してくれと願うばかり。

結局、ANAから分けてもらったパーツはバッチリだったようで
20:30には搭乗ができることに。

もう行けないんじゃないかと思っていたため、本当にほっとした。
でもGWの初日からコレって・・・。この先、大丈夫なんだろうかと余計な心配をしたりして。

結局成田空港に滞在すること13時間半。
21:15頃に離陸し、約12時間ディレイで私たちは空の上の人となったのだった。


そして約4時間半後。
マニラ空港に到着してみると両替銀行はすでにクローズ。
私は昨年の余りと、フィリピンに行ったばかりの人から買ったペソがあったので
心配はいらなかったのだが・・・。
一緒にクルーズに乗るお客さんたちはどうするんだろう???と超心配に。
結局、国内線のカウンター前にも両替所があるので翌朝でも大丈夫だということが判明してホッとしたのだが。


結局2時間ぐらいの睡眠で、今度は国内線に乗るために出発したのだった。
トゥバタハリーフは遠い・・・。
プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR