海中から空を見上げる

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXRで撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


浮上する前に広がる空
Emas Thila浮上前

青い空に白い雲。

Himendhoo Thila浮上前

まだ上にいるサザナミトサカハギ!

海中から見る空も、いろいろあって好き!



・・・えっと、忙しすぎて、自分が癒されたいのかも(笑)
スポンサーサイト

パノラマモードがおもしろい

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



FinePixF600EXRをいろいろいじっていたら、
360°撮れるパノラマモードがあることに気づく。

モルディブのキレイな海を前に、これは撮るしかない!とチャレンジ!
まずはメインジェッティ前。

パノラマモード

多少ブレるのでピントがイマイチになってしまうが、
超キレイ!(しかもこのサイズで見ると、ピントの甘さも気にならない!)


ならば・・・とお気に入りの場所へ・・・。

パノラマモード

水平線がまっすぐに写せなかったのだが、ラグーンの美しさがバッチリ出た。

撮影するときにラインが出るので水平線はそれにできるだけ合わせるといいんだろう。

でも、パノラマ写真は初めて撮ったが、いや~楽しい。
やっぱりF600EXR、オススメです!







空と海が溶け合って@モルディブ

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


モルディブから3日前に戻りました~!
捨てていった仕事の山に囲まれ、あまり時間がないのですが、
現地でアップできなかった分、
少しずつモルディブの様子をアップしていきますね。

私たちが訪れた9月はモルディブでいうところの「雨季」。
でも雨季に私は何度もモルディブに行っているが、
ひどかったことは一度だけ。
それでも滞在中晴れないことはなかった。

今回は到着するなり
「昨日までものすごい嵐だったのに、すっかり回復して、運がいいですね~」と
うれしい言葉。
「昨日までよかったのに・・・」といううれしくない言葉を仕事先で言われることの多い私には
本当にラッキー

実際、毎日のように海はベタ凪。

手には新しいFinePix F600EXR。
テンションは上がる一方だ。

ダイビングに出かけようとメインジェッティの先へ行ったら・・・
Constance Moofushi, Maldives

私が大好きな場所へ行くと・・・
Constance Moofushi, Maldives

空と海が溶け合って、
おまけに心まで溶けそうな気持ちよさ・・・。

やっぱ、モルディブ、最高だ。



From Maldives

Then, I can't also use Japanese here.

I'm in Ari Atoll, Maldives.
Today I could take a lot of photos of grey shark !!

Three days later, I'll reort of it !!

See you soon !

Now, Singapore !

Hello, from Shingapore !

Today I'm going to Maldives !
If possible, I'll report frome there !!

Otanoshimi ni !!

浮き富士山

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


昨日、新しいFinePix F600EXRを持って
南伊豆のNEWスポットへ!

ダイビング後、船に上がったら
富士山が・・・浮いてる!?

浮く富士山

水中撮影は雑誌でもレポートしなくちゃならないのであげられなが(動画ならいいかなぁ・・・めちゃくちゃキレイだったし)
ちょっと勉強が足りなかったようだ。

また来週頑張ろう!

フジフイルムF600EXRが来た~!

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


ついに富士フイルムさんからFinePix F600EXRと純正ハウジングのモニター機が届いた!
パチパチパチパチ・・・
FinePix F600EXRと純正ハウジング
これはF200EXRのNモードで撮影したもの(自然光)

今年の2月のF550EXRが発売され、楽しみにしていたのだが、
「ハウジングが間に合わないからちょっと待って・・・」と言われ、
おとなしく羊のように待っていたところ
8月にはその後継機、F600EXRが発売!
今まで使っていたFinePix F200EXRやF80EXRに比べると
圧倒的に画質が良くなり(高解像度1600万画素!)、ズームも光学15倍&超解像30倍!
GPS機能も付いて、今持っている一眼レフよりも高性能。
咽から手が出るほど欲していたのだ。


FinePix F600EXR
これはF200EXRのEXRモードで撮ったもの。ストロボを発光しないとブレてしまうのでストロボ発光

で、早速、F600EXRのウリのEXRオートモードで純正ハウジングを撮ったら・・・F600EXRで撮った純正ハウジング

おおお、ばっちり~! ストロボはオートにしていたが、発光せず。なのに、ブレない。

ということで
、また食べ物!?と皆さまに突っ込まれそうだが、
夕食を撮ってみる。

EXRオートモード
やはり発光しなかったけれど、この明るさ! 背景までバッチリ!

ちなみに今日の夕食は、なすの煮びたしソーメン。
ソーメンは香川のゆーこさんにいただいた、小豆島の「弘法の島本舗」の手延べそうめん。
ナスとネギは近所で買ったものだが
ミョウガは神奈川のみちこママにいただいた自家製みょうが。
おいしくいただきました!!(ゆーこさん、みちこママ、ありがとうございました!!)

さて、週末は仕事で伊豆。
1週間後はモルディブ。
このF600EXRと純正ハウジングの出番もバッチリ!
バシバシ撮ってくるぞ~



9日(金)に石川肇カメラマンがTV出演!

カメラマンの石川肇さんよりお知らせです。

海の内容ではないのですが、

来る9月9日(金)16:00~
テレビ東京の「レディス4」という番組に
カメラマン兼で石川さんが出演されるそうです。

奥多摩の滝で、マイナスイオンがたっぷりの映像が皆さまをお迎えします・・・とか。

よろしかったらご覧ください。
http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/15705_201109091600.html

私は録画しちゃお~

今年も世界自然遺産のラパスへ!

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



メキシコの世界自然遺産、カリフォルニア湾を潜る旅。
今年もラパスを基点に潜りに行きます!

といっても、今回はダイブクルーズではなく
デイトリップ&キャプダイブサファリなのだが。
昨年までお手伝いしていた「ナルバル号」は
日本語がちょこっと話せる《バハダイビング&サービス》のマルコ君にオマカセして、
取材メインで《バハパラダイス》さんと《コルテスクラブ》さんの
2大“イケメン”ダイビングサービス・・・じゃなかった 日本人ガイドさんもいて
安心なダイビングサービスで
お世話になる予定なのだ。

10月初旬~中旬に行く予定なので、
お会いした皆さんの写真を撮らせていただいたり、
コメントをいただいたりすることになると思います!
ぜひご協力を!!

なお、デイトリップ、キャンプサファリ、ダイブクルーズとも
まだまだ空きがあるようなので、ぜひ下記をご覧の上、
《ワールドツアープランナーズ》さんにお問い合わせを!!
http://www.wtp.co.jp/area/lapaz/index.html

かわいいアシカと遊んじゃお!
アシカと遊べる海、ラパス

ニューカレドニアといえば・・・取材ウラ話第2弾

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



台風のおかげでこの週末は働く予定だったのがヒマになった私。
ありがたいのか、ありがたくないのか・・・。
(今週中止になった取材分が来週、再来週にめじろ押しに・・・)

ということで、前からニューカレドニア取材ウラ話第2弾を書かなくは!と強迫観念に追いやられていたのだが
ようやく時間ができたので、書いてみようかと思う。

ニューカレドニア取材の直後にここでチラッと書いたのだが、
掲載予定の写真が結局掲載させてもらえなかった。

イル・デ・パンという島での水中取材で、
なんと、タイガーシャーク(イタチザメ)に会ってしまったのだ!
私一人だけ。
タイガーシャーク(イタチザメ)

掲載しなかった理由は
初心者が見たら、そんな怖いサメがイル・デ・パンにいると思われたら
怖くて行かなくなるかもしれない・・・という安全策から。

それもどうだかな~とは思うのだが、
確かに、私もこのタイガーシャークに会うまでは
タイガーシャークにはできることなら会いたくないと思っていた。

このときは、ほかのダイバーがみんな洞窟に入ってしまっていて、
最後尾にいた私が洞窟に入ろうとした瞬間に
後ろに気配を感じて振り返ったら、ドーンと体長3m以上あるサメがいたわけで・・・。
最初はジンベエザメかと思ったが、
いやいや、体の模様があまりにも違う。
ギラギラと光るようなシマシマ模様も見える。
「ぎゃー、タイガーシャークだ!」
と思ったのもつかの間、私なんかには目もくれず悠然と沖の方に泳ぎ去っていった次第。
でも、距離としては10mも離れていなかったんじゃないだろうか。

大事なのはほかのサメと同様、やたら襲ってくるわけではないということを確認できたこと。

でも、掲載できないことが決まって、ちょっと納得できない部分もあったけど
彼ら・彼女らが凶暴なサメと思われているから、夏場の初心者の方が多く読む媒体には
不適切なんだろうと、諦めていた。

ただタイガーシャークの肩をもつわけではないけれど、
すべてのタイガーシャークが凶暴なわけではないということも身を持って知ったわけで、
それは私にとっては大きな収穫だった。
ちゅら海水族館にもいるようだし、今年は沖縄の離島でも何回か目撃されているけれど
皆さん無事・・・。
パラオで昔、マンタがタイガーシャークに襲われていたときも
それを見ていたダイバーは無事だったし、
タイガーシャークに会えることを売りにしているダイビングスポットも世界にはある。

思い込みはよくないなぁと思ったわけだが、
今、改めて写真を見てみたら、あれ?
お腹が大きい!
このタイガーシャークはメスで、妊娠をしていたんだなぁ。

体外受精をする魚が多い中、タイガーシャークなどメジロザメの仲間は
人間と同じように胎内受精をする魚。
ちょっぴり親近感が増したのであった。
プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR