GWにアクアリウムジャーニーで魚の旅

横浜の本郷台で今日から始まりました!(ってもう昨日だけど)。

マリンダイビングのブースも入口に出させていただいております。

私は、帰国後、頑張って行こうかなと・・・

メインは、アクアリスト向けのお魚ですが、

水中カメラマンの
小川保さん、北川暢男さん、天明良恵さん、
イルカ写真家の
鈴木あやのさん、
お魚イラストレーターの
下条孟さん
の作品が豪華に周りを飾っております。

写真を出そうと思ったら・・・すみません、会社においてきてしまった(汗)

詳しくはこちら!

http://www.tojo1.com/aj2012.html

スポンサーサイト

パラオ取材ウラ話

今回はお弁当の話にプラスして・・・
マリンウェブのほうにブログを書きました!

ぜひご覧ください。

http://marineartcenter.blog137.fc2.com/blog-entry-1408.html

ハシナガイルカ@パラオ

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


水曜日にアップしなければならない「マリンウェブ」のブログの写真を探そうと
4月6日に発売となった『パラオ楽園ガイド』の取材で行ったときの写真を見ていたら・・・

あらら、撮れてる!
ハシナガイルカの写真。

「ウーロンチャネル」の沖でハシナガイルカが何十、いや100頭は超えていたんじゃないだろうか、
かなり群れていて、
コンデジ(FinePix F600EXR)で一生懸命撮ってみた。

ボートの前で泳いでくれるイルカもいっぱいいて大感激だったのだが、
ハシナガイルカといえばジャンプが魅力。
遠くでジャンプするイルカを撮ろうと、連写モードにしてみた。

今まで気づかなかったんだけど
ちょっとトリミングしてみたら・・・
イケてませんか?(自画自賛)

ハシナガイルカ

ハシナガイルカ ジャンプ!


それにしても、パラオの海はやっぱりいいなぁ。
海だけじゃなくて島も人も素晴らしいのだが。

これからパラオに行く方はぜひ『パラオ楽園ガイド』(水中造形センター刊 980円)も買って行ってくださいね。
パラオ楽園ガイド


ちなみに、昨年版より
・ダイビングスポットの水中マップ充実!
・お魚ガイドも充実!
・最新のホテルやレストラン情報満載!
・AB判になって写真もワイド!
・・・
といった感じで、頑張って作らせていただいてます。

石川肇カメラマン渾身の夜空の写真も必見ですよ~!



ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!

ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116

ダイビング界の名物女子が逝ってしまった

マリンダイビングフェアの初日。
携帯電話に着信履歴。
ダイビング界で“ゆかり”といえばその人と私、と言われるぐらい、
むしろ私なんか霞むほど強烈な“ゆかり”さんからだ。

気づいたのがかなり遅かったのと
きっと「マリンダイビングフェアを手伝いに来たんだけど、アンタどこにいるの?」
とかいう電話かな・・・と思って
翌日連絡をしようと思っていた。

その日の夜、共通の友人から
「もう一人の“ゆかり”が今、危篤なんだよ」と電話がかかってきた。
どうやら先述の着信履歴はダンナさんが電話してくれたものらしい。

動揺。

もう何年も前からガンと闘ってきた、もう一人の“ゆかり”さんが危篤!?

マリンダイビングフェアの2日目は、午前中とりあえずブースで仕事をすればいいだけだったので、
お見舞いに行くことにする。

モルヒネを打つと意識が朦朧とするから「ガマンする」と、
打つことを拒んでいたゆかりさん。

私が病室に入ったときも、呼吸はとても苦しそうだったけれど、
無理やりな笑顔を作ろうとして迎え入れようとしてくれる。

「な~んだ、今年もマリンダイビングフェアで会えると思って楽しみにしてたんだよ」と
声をかける私に、
ウンウンと答えるゆかりさん。

横でダンナさんが
「肺炎気味で苦しそうだから木曜日に入院することになったんだけど、
直前までマリンダイビングフェアに行く気満々だったんですよ」
とフォローしてくださる。

“場”を仕切ることが得意なゆかりさんはその後も
ダンナさんと私の居場所を「チェンジして」と指示するなど
気丈な姿を見せて、私がマリンダイビング初日の様子を話すと
悔しそうな顔をして声にならない声を出す。

ガンが発病してから14年。
治ったと思えば再発、また治ったと思えば再発。
抗がん剤で髪の毛がなくなっても
オシャレだったから素敵なヘアウィッグで登場して、
飲み会のときなどは確実に男性陣は自毛だと信じていた。

私は初日の金曜日には行けなかったのだが、
マリンダイビングフェアにたまたま来ていた沖縄や海外の人たちが
こぞってお見舞いに行ったこともあって、本人はとても幸せそうだった。

でも、これまで何度も驚異の復活をしてきたので
私は「きっとまた復活してくれる」と思っていた。

が、マリンダイビングフェアが終わった翌朝、彼女は
まるで「会いたい人には会った」と言わんばかりに、この世を去ってしまった。

年齢の話になると、きまって
「ゴトーとまあ、同じかな」とはぐらかされていたのだが
私より1つか2つ上。自分で言うのもナンだが、まだ若すぎる。

彼女はダイビング業界では、人にもよるのかもしれないけれど
ズバズバ言いたいことを言う人という印象が強く、
彼女に対しての好き嫌いもハッキリしていたのだが、
ものすごく他人のことを気遣う人で、
ものすごく律儀で、ものすごく愛情にあふれていて、
本当に大好きな人だった。
私が体を壊して会社を辞めたときも(戻っちゃったけど)
「温泉に行こうよ」と誘ってくれて
ダイビング界のほぼ同期の女子3人で温泉旅→焼き肉というツアーを開催。
終盤の焼き肉の会に呼ばれた男性陣に畏れおののかれていたっけ。

それよりも前には仕事で一緒にクルーズに乗ったり
いろいろな仕事をしたし、
私が“出禁”になった旅行会社の社長との仲を取り持ってくれたりした。

本当に優しい人だった。

そんな彼女のお通夜、告別式がこの週末取り行われた。

昨夜は行けなかったので、
今日、告別式に参加させていただいた。


泣くと怒られるだろうから、泣かないぞ!と臨んだのだが
お友達の“贈る言葉”や弔電に涙。
涙というよりはほぼ号泣。

後で、参加された共通の知人と目が合った瞬間、また号泣しそうになったが
「泣くと、(故人に)怒られるから」とたしなめられ・・・
でも、また涙。

この週末はいろいろなイベントがあって
たくさんのダイバーに会えて、
とてもハッピーだったのが私の支えになっているんだけど、
でも、あんなスゴイ友人が逝ってしまったのは
さすがに堪える。

でも、本当にもうひとりの“ゆかり”さん、すごく頑張ったんだよ。
私も数年前に本当に死にそうになって、でも復活したので
“ゆかり”さんもきっとまた復活してくれると信じていたんだけど。
悲しいなぁ。
でも、「何、悲しんでんだよ。まだたくさん素晴らしい世界が待ってるんだから
頑張んなよ」と、言いそうだなぁ。

それにしても、最後に私が病室を去ってマリンダイビングフェアに戻るときに
「気をつけてね」と言ったゆかりさん。
「気をつけてね、じゃないよ、それはそのまま返すよ」という思いで
にらみつけたんだけど。
最後まで人のことを心配する、そんなゆかりさんが大好きだったよ。
尊敬するよ。

昨日も今日もたくさんの“ゆかり”を愛する人たちが集まって
本当に私もうれしかったです。
でも、来られなかった遠方の方を集めて、
ゆかりさんの大好きだったお酒を飲むからね!

第29回水中映像祭へ

昨日のマリンエイドに続き、
今日は水中映像サークルの毎年恒例「水中映像祭」に行って来た。

昨年は行けなかったので、
今年こそ!
水中映像祭

『マリンダイビング』6月号(5/10発売)にもレポートを書こうと思っているので
ここではサラリということで・・・。

今年は22組の作品があって、
午後1時から5時過ぎまで、本当に見ごたえのある楽しい会だった。

酒井由紀代さん

ここ何年も「海獣」をテーマに発表しているYukiyoちゃんこと酒井由紀代さんは
マナティーの愛らしい写真と動画を発表。
私もあんなふうにマナティーに求愛されたい!?(笑)


いつも思うんだけど
この会で水中映像を見ていると、本当に元気になれるし
海が本当に好きなんだなぁと実感がわいてくる。
地球の海フォトコンテストも、ものすごく見ごたえがあるのだが、
座ってじっくりとスライドショーやムービーを見るのもおもしろい。

しかも見に来ていらっしゃる方々の中には
超有名なカメラマンの方々も!
(今日は中村征夫さん、大方洋二さん、赤木正和さんらがいらした)。


来年はナント、第30回。
ひとケタ代から存じ上げている会だけに、来年はもっと多くの方に見ていただいて
もっと盛り上がってほしいなぁ。
応援しなくっちゃ!

桜道・桜カー

去年までは「お花見」はできないとしても
桜並木を歩く時間ぐらいはあったのだが・・・
今年は見事にない!

もっぱら家の周囲の桜をめでるのみ。

そんな桜もついに散ってしまいそうな今日この頃。
残念に思っていたのだが、今朝、マンションを出ると・・・
Sakura road
桜道!
SAKURA AVENUE!!

ちなみに昨日は雨が降っていたので
車に乗ろうとしたら、マンションの桜の花びらのおかげで
車が桜まみれ!
sakura car
会社に到着してもなお、花びらはそのままだった・・・

マリンエイド行ってきました!

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


昨年3月11日の東日本大震災から1年が経った。

あの日を忘れてはいけないと、
一般の方々はもちろん、ダイバーの皆さんも
ボランティアをはじめいろいろな形で支援を続けている。

そんな中、海を愛する人・海を生業にしている人たちが集まってできたのが
「マリンエイド実行プロジェクト」。
今年から毎年開催することで、被災地を少しでも応援したい、
さらに海の素晴らしさを伝えていきたいと
本日「第1回 マリンエイド」が開催された次第。

入場料や募金、会場で販売された商品の売上金などすべてが
被災地に贈られる。

今日のイベントでは
マリンエイド実行プロジェクトの代表の広部俊明さんが以前所属していた
夢工場(現在はザ・ブリンプクラブ)のミニライブや
元・夢工場

水中写真家の中村征夫さん&被災された南三陸町《グランドスカルピン》の佐藤長明さんによる
トークショー
トークショー

水中写真家や現地で活躍されるガイド陣による「フォトバトル」
フォトバトル

など、「東日本大震災を忘れない」で支援していこうという気にさせるイベントや
楽しいイベントが盛りだくさん。

私も支援ということで、
かわいいお魚バージョンのドライタオルを購入しました。
(最近、新しいのを手に入れたばかりだったんだけど・・・汗)

毎年開催ということなので、また来年も今頃開催される???
楽しみにしておこうっと。


それにしても・・・
ストロボNGだったんだけど、FinePix F600EXR、コンデジなのによく撮れるなぁ。
F770EXRも気になっているんだけど、これがあるから頑張ろう!



スペイン語が・・・

NHKでホイットニーの番組をやってる!
やっぱり偉大だ、ホイットニー。
晩御飯を食べながら(もうすぐ深夜2時!)これを書いてます(汗)。

昨年初めからスペイン語会話なるものに通っている。
通い出したときはソコロダイブクルーズがあって、
ちょっとは役に立ったのだが
(船のクルーが英語をほとんど話せない人ばかりだったので)
それ以降、役に立つといえば、
トゥバタハのダイブクルーズ。
タガログ語ってスペイン語も結構入っているのだ。

でも、昨年末が忙しくて12月はすべて休み。
2月も第一週に行っただけで、
あとは先週末のマリンダイビングフェアが終わるまでお休み。
あーもったいない。

で、今日、仕事を抜け出して久しぶりに行ったのだが・・・
マジ、本当に頭の中にスペイン語がほとんど残っていない。
この鳥頭を何とかしたいものだが、英語と同じで普段使わないと忘れる忘れる!

もうすぐトゥバタハクルーズがあるので
必要な言葉は思い出したいと思っているんだけど、ヤバイなぁ。

そんでもってラパスクルーズも今年はたぶんないだろうから
GW以降スペイン語会話へ行くモチベーションが保てるかどうかが心配。

あとは、リーガ・エスパニョーラ観戦を夢見て頑張るしかないかなぁ。

やるせなすの石井ちゃんと運命の・・・

マリンダイビングフェアには
主催者が知らないところで有名人が来ていたりする。

今回、フィリピンブースに素敵な水槽があったのだが、
それを仕掛けた、現在《沼津深海水族館》の館長でもある石垣さんが
やるせなすの“石井ちゃん”をマリンダイビングのブースに連れてきてくださった。

お二人の写真はそのとき、マリンダイビングのツイッターのほうに上げたのだが・・・
話しているときに、
石井ちゃんと私の携帯ストラップが同じ“リーフィーシードラゴン”であることが判明!

石井ちゃんと

「赤い糸で結ばれているのかも! 運命の出会いですね~」と石井ちゃん。
さすが芸人、言うことが違うわ(笑)。

ちなみに、携帯ストラップがよく見えないので、今アップ写真を撮ってみた。
リーフィーシードラゴン

今年は辰年だからね。
(・・・って、それまで何年も同じ携帯ストラップを付けていたんだけど)。

運命の石井ちゃんは、レスキューダイバーまで取っていて
かなりダイビングにハマっている模様。
フィリピンブースでも、石垣さんと“漫談トーク”で皆さまを笑わせてくれたそうな。
行きたかったなぁ・・・。

『マリンダイビング』5月号本日発売!

マリンダイビングフェアで先行発売もしておりましたが・・・
『マリンダイビング』5月号、今日発売です!

今月の表紙を撮影したのはイケメンカメラマンの石川肇サン。
マリンダイビング5月号

マリンウェブの公式ブログで
石川カメラマンにパラオ取材時のコメントを書いてもらいました!
http://marineartcenter.blog137.fc2.com/blog-entry-1401.html
見てね!
プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR