スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリのサンダルでリゾート気分♪

今日も明日も休日出勤。
相変わらずヤバイんだもの。

せめて足元だけでもリゾート気分♪に
ということで、
3年ぐらい前にバリに行ったときに買って、袋から出していなかった
サンダル(というか、スリッパ)を持ってきた。
バリのサンダル


これ、裏がゴム地になっているから、
外にも履いていけるのだ。

3年前に訪れたスパリゾートで
部屋用になっていたんだけど、
「リゾート内では庭で履いてもOK」ということだった。

もちろん、持ち帰ったものは、リゾートのブティックで購入したもの。

部屋においてあるバッグもステキだったなぁ。
それはさておき、
あと数時間、頑張るかぁ。オリンピックも見たい!!
スポンサーサイト

マリンウェブBlogに書いたエンリッチド・エアのこと

現在発売中の『マリンダイビング』で紹介しているエンリッチド・エア。

私も使っていて、よかった実感を
マリンウェブのブログに書かせていただきました!

http://marineartcenter.blog137.fc2.com/blog-entry-1456.html

見てみてくださいね!

エンリッチド・エアを使っていてよかった~を実感した海、ソコロにて。
ソコロのマンタ

『海獣の子供』第5巻が待ち遠しい

相変わらず仕事に追われている私に
Web担のしばっちゃんがステキなものを貸してくれた。

『海獣の子供』1~4巻

海獣の子供

ちょっと前に『ブルータス』で紹介されているのを見て
めちゃくちゃ読みたい!と思っていたのだが、
しばっちゃんもそうだったみたいで、すぐに大人買いしたそうな。

海の中のマンタやクジラなど
ほかの魚や生き物たちが超リアルに描かれていて
(たまに写真を使っているんじゃないかと思うときすらある)
それだけでも感動なのだが、
ストーリーがまたおもしろい。

って、ダイバーの皆さんはご存じの方も多いんだろうけど。

借りてから数日。
会社の往復のめちゃくちゃ少ない時間だけしか読んでないのに
(私の通勤時間は、歩く時間が、電車に乗っている時間の倍以上あるのだ)
4巻目に突入。

もうすぐ5巻目が発売されるとのことだが、
待ち遠しい!!


新しいF600EXRが来た!

先日、お通夜のときに私が愛用していたFinePix F600EXRが
忽然と姿を消してしまった。
入れていたはずのカメラケースはあるのだが・・・

まだ使い出してから1年も経っていないのに
とても残念である。
でも、場が場なので、報告はしたが、大騒ぎせず諦めることに。

でも、悔しい。

F600EXRはコンパクトデジタルカメラだというのに
とにかくワイドからマクロまで撮れて
画質もいいし、シャッタースピードが恐ろしく速い。
動画もハイビジョンで素晴らしい。
何よりも手軽に携行できるのがいい。
もうしばらく使っていたかった・・・。

ほかに持っているFinePixシリーズは使いすぎてしまって、
調子があまりよくないので、
新しいのを買うことにした。
本当はバージョンアップしたF770EXRが出ているので
それにしたかったのだが、いかんせん防水プロテクターがない。

で、同じF600EXRを買おうとしたら
もう店頭販売は終了。
焦ってネットで探したら在庫はまだあるようだ。
しかも、お値段も14,000円台からある。

ほっ

申し込んだ翌日、あっという間に届く。

FinePix F600EXR

前回はブラックだったのだが、
ホワイトにしてしまった。
傷をつけないように大事に使わなくちゃ(汗)

と言いながら、早速いろいろと撮っているんだけど、
やっぱりいいわぁ。



それにしても・・・
同じ日に、用意していたお坊さんへの心づけもなくなっていたのだが、
ホント、葬式泥棒っているんだなぁ。
出していたお財布は無事だったから不思議なんだけど。

今年も10,000人の写真展が始まったよん

今年も富士フイルム株式会社主催の
「"PHOTO IS" 10,000人の写真展2012」が東京を皮切りに
本日から始まった!


水中写真が少ないのがちょっと残念なんだけど
海辺や水族館で撮影した写真をはじめ、
人物像や今年話題の金環日食幅、東京スカイツリーなど
バリエーションがたくさんあって
写真好きな方にはたまらないかも!

海の写真

マリンウェブにもトピックスを掲載しています。
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3441

東京はミッドタウンで25日まで開催中。
それ以降、全国29都市で開催されるので、ぜひお見逃しなく!!

今月のANA機内誌

先日、ANAに乗ったときに
機内誌を広げてみたら・・・
フォトグラファー鍵井靖章さんの写真で組んだ
「東京」特集が。

翼の王国7月号

20ページ以上にわたる大特集。
かなり見ごたえありです!


ちなみに、カギイさんのグラフが
8月10日発売の『マリンダイビング』9月号にも掲載されます。

秘境ココアイランドの迫力の世界がご覧になれます。
お楽しみに~!

本日18:30~ラジオ出演!

うわぁ。緊張してきた~

FMラジオNACK5(79.5)の「夕焼けSHUTTLE」で
18:30~始まる「NACK5スポーツ応援団~みんスポ~」コーナーに
海の日ということで、
ダイビングを紹介していただくことになりました!

『マリンダイビング』8月号(現在発売中!)の別冊付録に
「4日間でダイバーになる本」があるのだが、
それに目を留めてくださったプロデューサーが
声をかけてくださったのだ。

この別冊付録をつくってくれたのはライターのYさんや
企画営業のスタッフなんだけど、
ゴメン! 私なんかが出ることになっちゃって。

というわけで、
しゃべるのは18:35ぐらいからほんの少しなんだけど、
うわぁ、緊張する~!

噛みまくりにならないように、皆さん応援しててくださいね!

香川から

今をときめくマンUの香川クンではありません。

13日金曜日の早朝(というか、前日の深夜)
義理の父が急逝。

この3連休、義父が住んでいた香川県高松に帰っておりました。

義父から預かっている車を走らせて羽田空港に向かうときは
心穏やかではいられなかったのだけれど、
やさしい義父は、私たち夫婦の忙しさを考えて
この連休に葬儀ができるように逝ってくれたのかもしれません。
南無阿弥陀仏。


・・・ここではそういう話ではなく、
所変われば、お葬式も違うんだなぁというお話。

いえ、今までも親戚の葬儀には出たことはあったのだけれど、
ちゃんと向き合っていなかったからだろうか、
それとも宗派が違うからだろうか、
今回は驚きの連続。

お坊さんが4人で読経してくださったり
告別式のときのご焼香の順番をかなり細かく決めなくてはならなかったり、
カレーや海苔、食用油などのセットがお供え物として
供花とともにラインナップされていたり(そして、本当にそれは会場に並んでいた)
初七日の御香料を入れるのし袋が黄色と白の水引だったり。

まだまだあるのだが・・・。
故人には申し訳ないのだが、
不謹慎ながらも驚きが大きく、ついつい書いておきたくなった次第。
でも、きっと洒落のわかるお義父さんだから、わかってくれるはず・・・。

『だれもがクジラを愛してる』明日公開!

こんにちは!
先週末ぐらいからいろいろとあってへこみ気味で
突然、ふらっと飲みに出かけては人を驚かせている私です。
(へこんでない!?)

さて、夏になっていろいろな海の映画やCMなどが流れていますが
明日公開の
『だれもがクジラを愛してる』

アラスカで実際に起こったクジラとそれを取り巻く人々の事件を
採り上げた話題作。

私はGW、フィリピン航空の機内で拝見したんですが、
こっそり涙する場面もしばしば。

おすすめです。


詳しくはこちら!
http://love-whale.jp/

マリンダイビング8月号明日発売!

いや~、今月はマジでアウトだと思いました。
というのは、納品日がいつもより2日も早く、
しかも『マリンダイビング』8月号の前には
『ダイビングスタート&スキルアップBOOK』

『マリンフォト』夏号
も出さなくてはならない!
(『マリンフォト』はほとんどやってないんですけど・・・汗)

最終原稿入稿日の記録を大幅に更新したにもかかわらず、
明日、ちゃんと『マリンダイビング』8月号が出ます!

もう、本当にライターさん、デザイナーさん、カメラマンさん、
社内スタッフ、そして何よりも印刷会社の現場の方々のおかげです!!
感謝感謝です!

さて、今月の『マリンダイビング』8月号。
夏らしいテイストで攻めてみました!
MD8月号

バハマ特集でお世話になった
カメラマンの細田健太郎さん、
パラオ特集で急な依頼にお応えいただいた
Aさんや、TさんやYさんなどなど・・・
そして、関西の冠島の水中写真をお貸しいただいた
ダイバーの有木正雄さん、
そしてお忙しい中、都内まで足を運んでいただいた、
シニアダイバーズクラブの
高木元子さんにも
厚く御礼申し上げます!!

・・・・ほかにもお礼を申し上げなければならない方多数ですね。

毎月、本当にいろいろな方に支えられていることを
実感した号なのでした。

それだけ内容も詰まってます。
ぜひ皆さん、買ってくださいね!





プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。