スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独り言には気をつけて・・・

夏の最後の雲?


昨夜、普段乗らない電車に乗っていたときのこと。
そんなに混んではいない車輌だったのだが、
座るほどでもなくて、ドアのそばに立って路線図を見ていた。

ドアの反対側にもう一人立っている。
鼻をぐすぐす言わせて泣いているみたいなので、見るに見られない。

シーンとした雰囲気の中でぐすぐす。
と思ったら、その人がつぶやいた。

たぶん独り言。
本人はそんなことを口にしたことがわかっていないっていうような感じの・・・




「結婚したい・・・。
結婚したいなぁ・・・。」



ヤバイだろう。
おかしすぎるだろう。
生あたたかすぎるだろう。
その人の顔を見てみたいのだが、振り向けない。
笑いがこみ上げてくるけど、笑ってはいけない。
ぐすぐす言っているのは、泣いていたからなのか!?



しばらくして、こっそり様子を見る。
イヤホーンをして何かを聞いているみたいだ。

泣いてはいなかった。

でも、たぶん頑張らなければ結婚できないような感じの、
かなりオタクな感じの人であった。


うーむ。頑張れ。
いつかきっと、たぶん、結婚できるよ。



電車はすぐに次の駅に到着し、私は降りたのだが、
そこで思いっきりニヤニヤしてしまった。
声を出して笑いたかった~!!


スポンサーサイト

モンガラカワハギみたい

先日、会社の女子が買ってきた缶のレモンスカッシュ。

モンガラカワハギ!?

モンガラカワハギみたい!

と思わずつぶやいた私。

ある意味、ビョーキかもしれない(笑)

Kさん、空気を破って登場~サンバル編

今、私は完璧に周囲に強力なバリアを張って、
遅れに遅れている原稿を書いているのである。
インターネットラジオの70年代ー80年代の音楽をガンガンかけながら。
周囲の音はほとんど聞こえない。
目は三角。
目にかかる髪が邪魔と、大島裕子ばりにピンで髪をとめて(光浦靖子ともいう)。


なのに・・・

夕方、後ろからトントンと肩を叩く人が。
と、同時に目の前に置かれたインドネシア「ABC」社のサンバル。
インドネシア サンバル(ABC社)

「ほら。これ。」


は?

怪訝な顔をして振り返る私。

カメラマンのKさんである。
今日は来社する日ではないんだが。

「いや、これ、あげようと思ってさ、持ってきたんだよ」

それだけのために!?

強力バリアを破られたことがまだ不満な私。

「この間、うちのきゃりーぱみゅぱみゅに会っただろ?」

何の話だ?
何の展開だ?
”うちのきゃりぱみゅ”って何だ?

「うちの奥さんだよ」
とにんまり笑いながらKさん。

もうダメだ。バリアは完璧に打ち破られた。
大笑。

だって、全然似てないんだもん。
もっと奥さんのほうが知的だよ。

っていうか、空気を読まないで突っ込んできて、
脈絡のない話を勝手にして、
そして帰っていくKさんには脱帽だ。

うーむ。すっかりペースを乱されてしまった。

でも、このExtraのサンバル、めっちゃ辛くて、にんにくが効いていておいしい。
オススメなのだ。

この間、バリに取材に行ったスタッフが
現地の方から「後藤さんに」といって大量にもらったものを持ってきてくれたのだが
既にかなり消費していたので、Kさんのこの2本。うれしい。

家では土日の昼に、焼きそばやチャーハンを作るときによく投入しているのだが、
マヨネーズと和えて、
バーニャカウダーじゃないけど、野菜と食べてもおいしいし、
炒め物に入れてもおいしい。

何にでも使えるスグレものなのだ。

私はバリの空港の外のコンビニで70円ぐらいで買った記憶があるが
(バリの空港内だと200円ぐらいになる! でも街のスーパーなら50円ぐらいかも)
お土産に最高です。
(機内持ち込みにして、手荷物検査で取られたこともあるが・・・涙)。

ってことで・・・
再度バリア~!!






じゃんけん大会!

9月に入ってからというもの、
喜びと悲しみの振り幅が大きすぎて
気持ちのコントロールがめちゃくちゃ難しくなっている。
でも、うれしいこと、楽しいことが多いというのはありがたいことだ。

今、「じゃんけん大会」と検索すれば
AKB48のことしかあがってこないけれど、
そんなAKBのフィーバーの裏で、
秘かに・・・いや、そうでもないんだけど、19日(水)の夜に行なわれた
パプアニューギニア政府観光局の「PNGナイト」というイベント。

最後の最後で
ワリンディ・プランテーション・リゾート宿泊6泊+往復航空券が当たる
じゃんけん大会が開催された。

ワリンディ・プランテーション・リゾートというのは、
パプアニューギニアのニューブリテン島にある
ココナッツプランテーションの一角に建てられたダイバーズリゾート。
故・舘石昭がこよなく愛していたダイビング天国のひとつで、
すぐ目の前に、めっちゃくちゃキレイなサンゴ礁や、
バラクーダやギンガメがぐちゃぐちゃいるビッグスポットなどがズラリ!

何せ会長が気に入ってしまったものだから、
私なんぞに順番は回ってこない。
だから、15年以上前からその存在は知っていたが、
なかなか行けなかった憧れの海である。

100人近い参加者の中からたった一人、
じゃんけんに勝ち残った人が行ける。
宝くじよりも倍率は高くはないけれど、
こういう場で何か当たるという経験に乏しい私は
無我の境地で参加した。

カメラマンで今回、パプアニューギニアの神前大使に任命された、たつ丸さんと闘うことに。

たつ丸さん、じゃんけん弱い!?
というか、私はするすると勝って、気づけば3人に。
3人のうち、もう1人はうちの新人W。あとは一般の方。
そこで、一般の方に譲るのが大人だろう!と自分でも思ったのだが、
ワリンディへの思いは強く・・・
観光局の方に目で「私は闘いたい」という意志を送ると、
たぶん「いけいけ!!」と目で言ってくださっていたように思えた。

なので、大人げなく、私は最後のじゃんけんに臨んだ。

一発で勝敗はつく。
きゃーーーーー勝っちゃった!!

お名前はわからなかったけれど、一般ご参加の方、ほんと、ごめんなさい。
でも、きっと天国で舘石が背中を押してくれたような気がしたのだ。
亡くなる前までずっと行きたがっていたワリンディに、お前が行ってこい!と。

記念写真を撮っていただいて・・・
じゃんけん大会でPNG旅行をGET!
(これ、某後輩が撮ってくれたんだけど・・・ま、これぐらいボケているほうが
私の大興奮状態が隠れされていてよいのかも)

そして、うちのスタッフのところへ戻ると
「やっぱ、読者プレゼントに提供なんじゃない?」と。
ま、そういう手もあるが、
観光局の方は「絶対に姉さんに行ってもらいます」と・・・。
提供してくださったワリンディ・プランテーション・リゾートの社長も
むちゃくちゃ喜んでくださったしなぁ。


でも、あまりの出来事に「これは夢ではないか?」とずっと思っていた。
いまだに信じられなかったのだが、
さっき、現地の恵子さんから「聞きましたよ! 待ってますから!」というメール。

やっぱりホントだったんだ・・・。

でもね・・・
もくろく
いただいた目録にはワリンディ・プランテーション・リゾート6泊宿泊だけで
往復航空券という言葉が付いていないんだけど、やっぱりそれは幻だったのだろうか?
いや、絶対にあったはず。確かダイビングも付いていたはず。
・・・と、不安になりながらも、図々しさを発揮している私なのだった。

それにしても・・・こんなに当たっていいんだろうか。
自分がコワイ。


パプアニューギニア政府観光局のWEBサイトの
ワリンディのクチコミ情報も必見です!
http://pngfan.jp/diving/kimbe/340/

舘石昭永眠 謹んでお知らせさせていただきます

水中写真家であり、編集長であった舘石昭が
昨日9月9日、永眠しました。

プロフェッショナルとは何かを
身をもって教えていただきました。

気持ちが落ち着いたら何か書かせていただくこともあると思いますが、
ひとまず・・・

訃報はこちらに掲載されております。
http://www.marineartcenter.com/pdf/topix/120909_oshirase.pdf


弊社会長ということで身内のことではありますが、
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

10日は『マリンダイビング』10月号発売!

暑い暑いと言いながらも、
朝になると手足が冷たくて早起きしてしまう今日この頃。
夏がいってしまう気配がイヤだ・・・。
いや、これからが私たちの夏だ!!


さてさて、日々パソコンに向かいながら編集作業をしている私。
前回、夏になって白くなったとは言ったものの、
中学のときの同窓会に行って、それは大きな間違いであることに気づく。

「いつになっても、真っ黒でいいね~」

いや、今、一番白いんですけど・・・私。

だが、中学時代の友人たちは、笑うだけ。「嗤う」という漢字のほうが合っているかも?
間違いであることに気づくのが遅いという指摘はさておいて・・・。


週明けの10日(月)は『マリンダイビング』10月号の発売日です!!


表紙はタイ・カオラックの取材でキタさんこと北川暢男カメラマンが撮影してきた
カラフルな海中写真。
マリンダイビング10月号表紙

トマトアネモネフィッシュがかわいい! コクハンハタもキレイ!
巻頭特集にもなってます。

タイ特集のほかにも、パラオ、モルディブ、バリ・トランバンなどの特集が!
バリといえば、
6月に”戦隊モノ”つながりで仲がいいイケメン役者さんも
バリでダイビング。
「海系男子バリを語る!」は必見です!

若いイケメン男子に囲まれてウハウハな私。
海系男子に囲まれて
左から吉田友一さん、齋藤ヤスカさん、(私)、林剛史さん。
もう細マッチョで、顔が小さくて、ほんと、一緒に撮られたくない感じ満載。

実際のところ、TVの露出が少ないので
ご存じではない方も多いかもしれないけれど、
吉田友一さんは映画『東京島』などに、
林剛史さんはTVドラマ、班長シリーズなどにも出演。
ヤスカ君は先月、ABCで「初音ミク」のコスプレで大ブレイクしている。
これからに期待の海系男子なのだ。ふふふ。


・・・で、浮かれている写真はいいとして、
ほかにもスキルアップや小笠原ダイビングガイド付録、
ドライスーツ新製品情報など盛りだくさん!

私としてはニコンとオリンパスのミラーレス一眼のレポートや情報ページも
オススメなわけだが(^^)。

さらに、お待たせしました!
7月に開催された写真家・高砂淳二さんの
「空色の夢」発売お祝いパーティーのレポートも掲載!
最後に撮影した集合写真などを掲載しています!

高砂淳二を囲む
私たちの席は・・・濃かった(笑)。

高砂さんのスライドショーも、とってもおもしろかった。
高砂淳二スライドショー
写真家の撮影に対する粘り方は、やっぱり違う!

長くなりましたが・・・
そういうわけで『マリンダイビング』10月号
ぜひ読んでくださいね!! 買ってくださいね!!!!










7日21時~テレビ東京で海底遺跡パワースポット登場

島根県出雲市大社町のダイビングサービス
Diving Station AQUA工房さんからの情報です!


明日7日金曜日、夜9時から
テレビ東京「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」で、
日御碕(ひのみさき)海底遺跡のパワースポットが紹介されます。

出雲ではケーブルテレビの、テレビせとうちで放送されます!

是非見て下さい!

海底遺跡のパワースポット!
ぜひ見なくっちゃ!



19日はパプアニューギニアナイト、いかが?

現在発売中の『マリンダイビング』9月号の表紙も
パプアニューギニアで撮影されたものなのだが・・・
マリンダイビング9月号


ワイルドで予想外の大物も登場するパプアニューギニアの海。
そういえば、私はマダンでイルカの群れに会ったなぁ。ダイビング中ですよ!

そんな素敵なパプアニューギニアの情報がゲットできる
「パプアニューギニアナイト」が9月19日(水)の夜、東京・虎ノ門で開催される。

なんと入場無料、飲み物も食べ物も無料という
太っ腹企画!
パプアニューギニア観光局、すごい!!

私も今のところ、取材で伺う予定なのだが、
皆さまも来ませんか?
先着順なのでお申し込みはお早めに!!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3479

写真展「水のとき」開催中!

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


本日行ってまいりました、写真展「水のとき」

73名の方々の力作が富士フイルム新宿のサロンにぎっしり!

水のとき 写真展

写真展 水のとき



ワイドからマクロまでバラエティ豊かな水中写真に、
時間を忘れる・・・

撮影場所も国内、海外さまざまで
海だけじゃなくて川の写真もあったりして、
見ているだけで楽しい。

富士フイルムのサロンだけに
プリントもめっちゃキレイ。

「すぐに“水のときナウ”ってアップして」なんていうリクエストもあったのだが
すみません、私、携帯がうまく使えない人間なんです(汗)。

まだご覧になっていない方は、
仕事の隙を見つけて、ぜひ見に行ってくださいね!

詳しくはこちら!
http://mizunotoki.f-web.jp/



ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!

ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116


プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。