まじめに潜水事故や減圧症に向き合った10月

あっという間に10月も終わりかけている。
今月は出張でいろいろなところに行かせていただきつつ
ためになるセミナーにも参加させていただいた。
こりゃ入稿も遅くなるわけだ(笑)。

マリンウェブのブログにちょっと書いた記事。
今日(といっても昨日になってしまったが)アップさせていただきました。

ご覧くださいませ。
http://marineartcenter.blog137.fc2.com/blog-entry-1508.html
スポンサーサイト

空から島めぐり

昨夜、「とるのるフォトin石垣島」が盛況のうちに終わり、
ほっとしたのも束の間、
朝一の便で東京に戻ってまいりました。

石垣島の皆さん、ありがとうございました!
そして参加してくださった皆様もありがとうございました。
この様子は12/10発売の『マリンダイビング』1月号で
特集をさせていただきます!!
お楽しみに!!



あったかくて天気も最高の石垣島。
帰ってくるのが本当にこれほど嫌だったことはありません。

でも、帰りのフライトでちょっとテンションアップ。

那覇-羽田のフライトで、
奄美大島ぐらいまでなめるようにして飛んでくれたので
いろんな島が見えました!

窓があまりキレイじゃなかったのと
半ば逆光気味だったのと、
雲が多かったので
ステキな写真ではありませんが(言い訳)
雰囲気がわかってもらえればいいかなと。


まずは飛び立ってすぐ。
残波岬。
DSCF5660残波岬
岬の先端に雲(涙)!

次に目の前に見えたのは水納島。
水納島
ほんと、三日月というか、クロワッサンのような形をしていますね。
すぐわかる!

そのすぐそばには、瀬底島。
瀬底島
雲がかかってかなり残念だが、本部の町も見えます。

本部半島を過ぎると古宇利島!
古宇利島
本部半島と橋でつながっているはずなんだけど、
橋が見えない。

奥~のほうに伊是名島も見えたのだが、
機体の方向が変わったようで
次に見えたのは、辺戸岬と思われる、本島の最北端。
そして・・・

与論島
与論島!
ちょっと遠く、雲もあってわかりにくいけど、
島を取り巻くサンゴ礁が明らかに与論島だ。
雲がなければきっと百合ヶ浜も見えただろうに。残念。

そして、次は沖永良部(おきのえらぶ)島!
沖永良部島
島の中央に雲がかかっていて、
緑が濃い様子がわかる。
沖永良部といえば、ギンガメアジの大群・・・見えるわけないか(笑)。


お次は・・・
徳之島!
徳之島
見事に雲がかかっていて、よくわからない(汗)。
心の目で見てください!


そうこうしているうちに請島がでてきた。
奄美大島の南部に散らばるカケロマ島とその周辺の島々です!
カケロマ島
まさこちゃん、元気かな?

そして、期待は奄美大島の上空を通過。
島が大きすぎて写らない!!
奄美大島北部
奄美大島北部。
やっぱりきれいなサンゴ礁が写る・・・。


そして、その向こうには喜界島。
喜界島
やはりかなり遠かったので、写真的にはNGだが
形がわかればいいのだ(汗)。

ということで、この後も、
屋久島やらトカラ列島やら
見えるといいなぁと思ったのですが、
一面の雲海に。
残念ながら空から島めぐりは終了となった次第です。

今、改めて見返してみると、たいした写真じゃなくてごめんなさい!!

普段は通路側が好きな私ですが、
沖縄フライトは日中だったら絶対窓側!
ただ右か、左か、当たり外れはあります。

「すべての電子機器はご使用になれません」という時間帯に
デジカメを持ち出すと怒られてしまうということもありますが。

それにしても・・・
やっぱり私は飛行機に乗るのが好きなんだなぁ(笑)。





カウントダウン♪ 石垣島イベント

毎日毎日仕事ばっかりしていて
ブログを書くネタすらない。
どうしよう。

・・・なんて言いながら、
昨日も昼間は仕事を抜け出して、
高校のときのクラス会に出席したりしているわけだが。
(昨日だけでなくFacebookなどでは、夜の飲み会写真もタグづけされちゃっているわけだが)。

さて、うちの高校は3年間同じクラスで、
卒業以来ぶりに会ったような人でも、なんかすぐ打ち解けられる。
・・・のはいいのだが、
高校の同級生は皆、頭がいい人ばかりで
毎回、出席するたびに改めて自分の馬鹿さ加減に気づかされる。

昔、物理の先生(この先生もまるで担任のように
毎回同窓会に参加されるのだ)が言っていた細かいことをホント、よく覚えていて
私なんか、頭の中で「???」が渦巻いているだけなのだ。

まあ、そんな優秀で今や社会で活躍されている同級生たちが
ダイビングや南の島に興味を持ってくれることだけが
落ちこぼれの私の存在意義みたいな感じ(笑)。

帰りながら、たまたま進学校に受かって入学したことや、
赤点を取りながらも卒業できたことなどが思い出され、
つくづく私は運のいい人間なのだと思った。

人生、渡り上手。
そんなに世渡り上手だとは思わないけど、なんかうま~く人生をわたってこられた・・・
そんな気がするのである。

なんてことはさておき、
気づけば『マリンダイビング』主催の
石垣島でのイベント、
「とるのるフォトin石垣島」が今週末なのだった!


しかも、せっかく石垣島に行くからにはと、
私は前ノリ(前入り)。
今やっている仕事をどう終わらせればいい!?
どうすれば終わる!?
いや、絶対に終わらないだろう・・・

と、昨夜はかなり焦っていたのだが、
今は半ば開き直りつつある。

しかも・・・
石垣島に行ったら、また買ってこよう♪などと
楽しいことしか考えられない。

また・・・というのは、コレ!
石垣牛とアグー豚のハンバーグ

前回、石垣島に行ったときに
取材と称して入った市場で、こっそり買って家に送った
石垣牛とアグー豚などのセットだ(実際はもっとたくさん買った)。

当然、もう家で消費してしまったわけだが、
今回もまたこっそりと・・・(笑)!

なんて書いたらもうこっそりじゃないわけで。

でも、こんなことでも夢見てないと
やってられない日々。

あと3日を切った。
さて・・・頑張るか~。


あ、10月27日、石垣島に行けそうな方はぜひご参加くださいね!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3491&offset=


創刊555号記念『マリンダイビング』11月号絶賛発売中!

10月10日に発売となった『マリンダイビング』11月号
皆さん、もうご覧になっていただいたでしょうか?
なんと、今月は創刊555号!

増刊号も含め、1969年創刊から43年。
いや~すごいことです。

最初の頃は当然のことながら私はタッチしていなかったわけですが、
思えば水中造形センターに入る前にバイトで手伝っていたのが
150号だったから・・・年もとるわけだ(汗。永遠の28歳と言っているのに)。

毎号毎号、ほんと、自分一人の力の小ささを認識させられることが多いのだが、
今回、この555号を作るにあたっては、
世界中で働く現地ダイビングサービスやダイビング関連業者の皆さん、
カメラマン、デザイナー、ライター、印刷やさん、
営業、編集、Webのスタッフなどなど、本当に多くの方々にお世話になってできているんだなと
痛感。

もう表紙周りも最後の最後の土壇場で
「ダイブクルーズの数が背表紙と表紙で違ってますけど」なんて
印刷所が間違いに気づいてくれたりして、大助かり。

最終段階であまりにも大量の校正を一瞬にしてしたこともあって、
ニューカレドニア特集で「ニラミハナダイの性転換前のオス」なんて、
超わかりやすいミスを見逃してしまったりして
(ホント、写真を提供していただいたマサシさん、ごめんなさい!!
読者の皆さまもごめんなさい!!!)
担当ライターともども落ち込んだりもしているわけだが・・・。

※ちなみに、ハナダイの仲間はメスとしてこの世に生まれ、
ハーレムの中で最強になると、オスに性転換するといわれているのだ。


でもでも、本当にいろいろな方々があってこの555号はできました!!
そんな総力の結集をぜひご覧いただければと思います。

ところで・・・
この表紙の写真は、
とある人気エリアの人気ガイドがモデルさんとして登場!
マリンダイビング11月号

さて、誰でしょう?


ヒントは、ダイブクルーズの方です。

そういえば、今回は「ダイブ&トラベル大賞2013」の
中間発表もしています!
人気エリアも気になるところですが、
Facebookなどでは「人気ガイド」のランキングも話題になっていますね。

あ! 表紙の”モデル”さんも人気ランキングの上位にいらっしゃいます!!



ということで、答えは・・・


今回、石川肇カメラマンが撮影してきた
モルディブ特集でお世話になったあの方!
モルディブの「アイランドサファリロイヤル」号で活躍している
“まとばっち”こと的場充弘さんです!!


ま、水中の姿なので、
一眼マスクと長いロングフィンぐらいしか、まとばっちらしい特徴はないのだが。

なので、石川カメラマンが撮ってきた写真を勝手に拝借!?
的場充弘さん


ほかにも有名水中写真家のコメント付き巻頭グラフや
久しぶりに紹介!ということでラヤンラヤン特集などなど
パワーあふれる555号記念号。

まだ読んでいない方は、ぜひこちらからお買い求めください!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3493

もちろん、全国書店でも絶賛発売中!!






10月27日は石垣島で潜ろう!

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



今日の午後、日本に帰ってきて
30分ぐらい前まで洗濯したり、
取材で撮ってきた写真(といっても証拠写真レベル)を
整理しておりました。

気づけば2週間後は石垣島!
そう、『マリンダイビング』主催の
「とるのるフォトin石垣島」があるのです!
参加者全員の写真が『マリンダイビング』1月号(12月10日発売)に掲載されます!!


石垣島といえばマンタで有名だが、
被写体の多さは日本屈指!
コンデジ派の私もその気になればいろいろ撮れるので大好きな海のひとつ。

ユカタハタのクリーニング@石垣島
こんな色鮮やかなユカタハタがクリーニングされているところも多いし

アオウミガメ@石垣島
ウミガメに会えるスポットも!


作品受付は10月27日(土)。
これまでのとるのるフォトイベントと違うのは、
滞在中であれば、当日の写真ではなくても応募できるということ!

八重山ダイビング協会加盟のダイビングサービスをご利用で
当日ANAコンチネンタルリゾート石垣島で開催される「とるのむパーティin石垣島」に
参加されるなら(参加費用3000円)誰でも参加は可能!

石垣島に行きたい!という方は今すぐ旅行会社に申し込んだり
エアを取ったりして、ぜひご参加くださいね!!

もちろん、たまたま石垣島に潜りに行く予定があった!という方もぜひぜひ!!
素敵な特典もあります!!

石垣島でお待ちしております(^^)


とるのるフォトin石垣島の詳しい情報はこちらでも!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3491

ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!

ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116

佐賀牛うまし

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


もう1カ月以上前のことだが
佐賀に住む義理の弟夫妻から佐賀牛のロースが届いた。
ことの発端は、7月、義父のお通夜の際に
私のカメラ(コンデジ)がなくなったことで
「戸締りに責任を感じて…」ということで
送っていただいたものなのだが……。
いや、もともと私がカメラを使った後、
カバンの中にポンと放り込んでいただけだから、ホント、申し訳ないばかり。

でも、脂がいい具合に入った
超高級ロース肉。
佐賀牛 季楽 


せっかくいただいたからには食べなくては……と
早く帰れる、とある日曜の夜に佐賀牛ナイト!
スープとサラダは簡単に用意したものの、
ステーキに添えるものに適当なものがなくて、
あり合わせの冷凍食品(汗)。
まあでも、肉がメインだからと夫にはガマンしてもらって……。

じゃーん!
佐賀牛のロースステーキ

実は簡単に作れるのと、
以前、ポンペイで手に入れためっちゃおいしい胡椒や
クリスマス島の塩とか沖縄の島々の塩とかがあるのとで
“ペッパー・ステーキ”はたまに作るのだが、
私が買ってくる肉とは雲泥の差。とろけるようだ。

今回のロケでも取材先の方に
おいしいところにたくさん案内していただいたのだが、
ホント、食べ物がおいしいと幸せになれる。
もう病みつきになりそう。
たぶん、誰かもっと料理上手な人が焼いたら
もっとおいしいのかもしれない。
でも、私が焼いても十分においしいのだから、やっぱりスゴイ。



ところで。ポンペイの胡椒とクリスマス島の塩が
これでほとんどなくなってしまった。
誰かにリクエストしなくては!?



ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!

ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116

クマノミに襲われる~忘れられない思い出

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



昨日(もう一昨日だが)千葉の館山で
潜水医学セミナーが開催された。

講師は『マリンダイビング』の連載でもおなじみの
山見信夫先生。

2部構成になっていて、
1部が海の危険生物についての話だった。

内容については、『マリンダイビング』でもレポートをする予定なので
置いておくとして……

私も過去にクラゲやプランクトン(たぶんクラゲの幼生なんだろう)に
めっちゃ刺されて大変なことになったり(過去にブログで写真入りで書いた)
水上バイクから落ちて海底に足をついたときに
オニヒトデだかオニダルマオコゼの上に落ちて
バレーボールぐらいに足が腫れたり、
ゴマモンガラにフィンを思いっきりアタックされたりと、
海の生物にはいろいろとやられているわけだが、
まず言っておきたいのは、

私が悪いから。

海の危険な生物というのは、こちらが触ったり、
彼らの縄張りに入ったりしなければ
襲ってくることはない。
よほどのことがない限り。

ただクラゲ類はもう不運としか言いようがないわけで……。


そんな襲われ体験の中で、忘れられないのが
モルディブ「フィッシュヘッド」での出来事。

な、な、なんと、クマノミに襲われたのだ。

クマノミも自分の巣の周りに来る外敵を襲うという習性があるわけだが、
私は、クマノミにも巣にも気づかず、
たぶん何かの写真を撮ろうと根の上の岩場で写真を構えていたのだ。

そのとき、右足に何かの衝撃が走る。
2回、3回と続いた後、
4回目に皮膚に何かが刺さる感じがした。

振り返ると……
クマノミに襲われる

えええっ! クマノミ!?

そのとき薄手のウエットスーツを着ていたのだが、
スーツを超えて皮膚まで噛まれていた。
くいこんでる!

食い込んでる!!

ところが……
あまりにも食い込み過ぎたのか、
クマノミ、歯が挟まってしまって動けなくなっていたのだ。
私の足の上で(痛いが笑)。

もうこんなことは二度とないだろうと
記念撮影をしたのだが、
ホント、離れられなくなってるクマノミ。

スーツのほかの部分をつまんでパンパンしたら
ようやく食い込んだクマノミは離れて行ったが、
いや、笑った。痛かった。

はい。私がクマノミの縄張りに入っていたのがいけないのです。

が、あまりの驚愕の体験。あれから3年か4年経つけれど
ホント、忘れられません。

皆さまも気をつけてくださいね。


ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!
ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116

千葉・潜水医学セミナー→波左間ダイビング

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



昨日。千葉の館山で開催された館山セミナー・潜水医学講座に参加(取材?)して
その足で今日は泊まった宿のすぐ近く、波左間海中公園で潜ってきた。

朝、雨が降っていて、
車に乗ったら気温18℃。
昨日は27℃以上あったのに、なんなんだ、この寒さは…と思いながら
出かけたわけだが…。

9時集合と言われたが少しだけ早めに到着したら
「9時のボートに乗れ!」と(汗)。
なんとなくそんな気がしていたので、よかったけど(^^;;)

房総半島の先端にある波左間の海は、
ジンベエザメやマンボウもいることで知られるが
サンゴの群落の北限があることでも知られるあったかい海。

ダイビングスポットに到着するまでの波しぶきもあったかい。

今日は25℃は切っていたけれど、
久々にセミドライを持って行ってたから大丈夫!

1本目は「高根」。

透明度は昨夜からの雨のせいか、すごくいいというコンディションではなかったけれど
ちょっと離れて写真を撮っていてもガイドの萩原さんをはじめ
みんなが見える程度。よし。

最初に貝殻に入ったミジンベニハゼを見せてもらって…
と思ったらその前にミナミホタテウミヘビがいて、
うーん、どっちから先に撮ろうと、迷う。

一緒に潜った方々の水中カメラ所持率が低かったので
まずはミジンベニハゼを撮った次第だが…。
(その写真は…ま、いっか)。

その後、根の上でタテジマキンチャクダイの幼魚が2尾!
めっちゃカワイイ。
穴の奥にいるので撮りにくいなぁと悩んでいたら、
すぐ手前に1cmぐらいのミナミハコフグの幼魚!
うわぁ、うわぁ!と喜んでいたが、やっぱり小さいなぁと
コンデジでどう撮ろうか考えていたら、そのすぐ上にも
一回り大きなミナミハコフグが!

ミナミハコフグ幼魚

そのそばにはカエルアンコウ(たぶんベニ)、そのそばにはなんちゃら…と
忙しいったらありゃしない。

ガイドの萩原さんに呼ばれて近づいて行くと
そこにはクダゴンベ!

クダゴンベ 季節来遊魚
チョーかわいい。

それにしても季節来遊魚の多いこと!
のんびり潜ろうと思っていたのに、目移りしまくりである。

ここはソフトコーラルがとってもキレイで
そこで乱舞するキンギョハナダイやスズメダイもいっぱい。

キンギョハナダイ


「高根」といえば、「海底神社」があることでも有名。
お参りをしがてら、
ここを根城にしている巨大コブダイともご対面!
コブダイ オス


近づいてきてくれてありがとう!
って近づき過ぎだろう(笑)

2本目は「ニューパラダイス」からの「パラダイス」という「魚礁」。
1本目もたくさんいたのだが、海中にはキビナゴがいっぱい。
動画でも撮りたかったのだが、なにせ天気が悪いので
きらめきがない…残念。
なのでとりあえず写真。
キビナゴの大群 波左間

「ニューパラダイス」ではカゴカキダイもめっちゃ群れていた。
カゴカキダイ 群れ

ということで、「ツイッター」と「mixi」で
10月の休みがない!と悲壮感漂う発言をした割には
めっちゃくちゃ楽しいダイビングをさせていただいた次第。

波左間海中公園のボス、荒川さん、ありがとうございました!
あ、2本目のガイドをしてくださった平山さんにも感謝です!!


ちなみに。本日はその後に仕事してきました(笑)


ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!
ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116

週末は千葉で学ぶ!潜る!!

ホルモンナイトに引き続き、
イケメン男子と超かわいい女子たちとの秘密の飲み会(!?)で
すっかり若返りつつある私(うそ)。

週末はちょっとマジメにお勉強を!

今度の土曜日に
千葉の館山で、山見先生のセミナーを聞いてきます!
減圧症のことだけでなくて
今回はクラゲやオニヒトデなどの”危険生物”の話もあるので
(なんと、実験してきたらしい!)
とっても楽しみにしているのだ。

まだセミナーには空きがあるようなので、
お時間をつくってぜひご一緒に!!


第3回潜水医学講座 館山セミナー
「海洋危険生物による傷害とその対処法」
「減圧症の最新情報」
 

日 時
平成24年(2012年)10月6日(土)
     14:00〜 第2回セミナー講演をDVD上映
        「ダイビングにおける耳のトラブル対策」 

       〜ほんとうに正しい耳抜きしてますか?〜
     16:00 開場 16:30 開演
     19:30 終演予定
会 場
千葉県南総文化ホール・小ホール
http://www.nanso-bunka.jp/access/index.html/参加費:一般1,000円 学生500円
講 師:医学博士 山見信夫先生
 http://www.divingmedicine.jp/
プロフィール詳細
 医療法人信愛会山見医院副院長
 ダイバー外来:荏原病院高気圧治療室にて

詳しくはこちらへ!
http://tateyama-seminar.com/seminar/3.html
翌日、私は波左間海中公園でダイビング予定。
(が、予約がかなり入っているらしく、隙間に混ぜていただく感じらしい)
台風大丈夫かなぁ。

では、皆さま、この週末は館山近辺で!
(『マリンダイビング』主催の、とるのるフォトin安良里 に行ける方は安良里へどうぞ!!)
ソラスズメダイの中を泳ぐ@安良里
ソラスズメダイが乱舞する中を・・・

ニシキフウライウオ
まだいるかなぁ?

ひっさびさのホルモンナイト!

一昨日。
10月10日発売の『マリンダイビング』11月号の制作の最終チェックが修了。

創刊555号の内容が、この時点でめっちゃスゴイ! いい!!と上機嫌に。
みんなで「おいしいものを食べに行こう」ということになり、
その日の夜にやらなければならない仕事を放り出して、
すかさず参加。

行ったのは、会社からわりと近い赤坂見附のホルモン焼店。

もう最高!

たぶん、私が最後に行った焼肉店は
取材がてら入ったパラオの「アイランド焼肉」じゃないだろうか。
3月だよ、3月。
その前は、ダイバーのMIZUHOちゃんと行った
”世界で一番おいしいホルモン店”だから(笑)
それはいつの話!? って感じで、
とにかくテンションは上がる上がる。

カルビ!
カルビとかハラミとか・・・

ホルモン
マルチョーとかギヤラとか・・・

ホルモンは種類が多すぎてよくわからなかったけど、
どれも安いわりにはおいしい。
最後に食べた「ドーナツ」がコリッコリでおいしかった~。

めっちゃくちゃ食べて飲んだのに
割引もあったせいか
1人3000円ちょっととお手頃。
やっぱ、ホルモン、いいわぁ(笑)。


こんな話をした後にナンですが、
そういうわけで、もうすぐ発売の『マリンダイビング』11月号・創刊555号
ぜひぜひお楽しみに~!!


プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR