スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Smile from UW @Wakatobi

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


ここでは最終日にダイバーが撮影した写真を見せ合うという
イベントがあって、
私も参加することにしているのだが・・・

うーぬ。

みんな一眼でガンガン撮っている中、
最強のコンデジとはいえ、コンデジ・・・大丈夫なのか。

ということで、企画勝負に出る(笑)。


こんなのどうでしょう?
Smile !

Smile ! 2





スポンサーサイト

マクロ 時々 大物

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


ブログやFacebook上で日本語が変換できず困っている。
これはこのリゾートのせいではなく、私のパソコンのせい(汗)。

でも、インターネットは通じるもののやっぱり遅い・・・。
というわけで、さっき昨日アップしたブログのリンクを
Facebookに張ったのだが、
これは今日のうちにあげられるかどうかが心配だ。

ま、そんなに急ぐわけではないからいいんだけど。

海外のフォトグラファーやダイバー、
行ったことのある日本人の方々が絶賛しているワカトビに来て
3日目のダイビングが終わろうとしている。
あれ、チェックダイブの日も入れれば4日目!?
早い・・・

ここはサンゴ礁とマクロ生物が目玉なのだが
いますよ、大物も!
ふふふ。

ということで、大物編。

バラクーダの群れに・・・(1尾1尾がデカイ!)
バラクーダ@ワカトビ

ウミガメに・・・
ウミガメ

ほかにもナポレオンやエイ、カンムリブダイに
イソマグロ、ロウニンアジなどなど。

バリエーションが豊富な海はやっぱり楽しい(^^)




ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!

ダイビングを始めた方に強調文ぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116

おはようfromワカトビ

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


おはようございます。

月曜の午後にバリからワカトビというリゾートに飛んできました。
スラウェシ島の東に浮かぶ島の片隅にある
隠れ家リゾートです。

2回目の朝。

コテージの目の前にあるヤシの木と
朝日をからめて撮ってみました!
11月21日の朝日
目の前でこの贅沢。

ブラックチップリーフシャーク
小さなブラックチップリーフシャークが
波打ち際を行ったり来たり。

さて、今日も一日、潜るぞ~!

今夜はバリだ!

久しぶりのインドネシア。
2年ぶり?
今回はビヨンド・バリということで、今夜はバリに泊まって
翌早朝、とある島へ。

それにしても相変わらずの貫徹。
眠さは今はもうないのだが。

さて、向こうから時々ブログをアップできるかな?

※というわけで、本当はバリの知り合いの方々に連絡して
お会いしたかったのですが、今回は時間があまりないのでご了承ください。

『マリンダイビング』12月号絶賛発売中(^^)

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


12月9日(金)に『マリンダイビング』12月号が発売されました!

多くの方に「今月号はめっちゃおもしろい!」という声をいただき、
感謝感激です!

まだ買ってない方、まずは書店で見てみてください。
marinediving12
こんな表紙です。

表紙の写真を撮影したのは、“はらだま”こと原田雅章カメラマン。

ジンベエが3尾もいるなんて、信じられます!?
『マリンダイビング』史上発の“ジンベエの群れ”です!



撮影したのは、セブのオスロブなんですが、
ココに関しては、「餌づけで生態系を壊すのではないか!?」といった
これまで批判ももろもろありました。
今も、その懸念が100%なくなったわけではないのですが、
1)もともとジンベエザメが集まるエリアだったこと
2)ルールを決めて餌づけは午前中にほぼ終わること
3)ダイバーもスノーケラーもルールが設けられたこと
などで、
ある意味、野生的なジンベエウオッチングができるようになったのではないかと
思っております。
確かに餌づけ時は、水族館のようですが。
餌づけジンベエ


でも、一時的なスノーケタ―たちが、観るのに飽きて、姿を消す頃、
野生的なジンベエの動きも見られ、
餌づけのいただけない行為だけではない、非常に興味深い行動も観察できるのかなと。
ジンベエザメがいっぱい



以上は、この号のセブ特集でさらに詳しく掲載されいます!

さらに!
12月号は、本当に見てほしいところがてんこ盛り!
別冊付録のカレンダーは
舘石昭が生前撮影したデジタルカメラでの作品になっていて、
一年間、おうちに飾っていただくのにも気持ちのいいものになっています。

本誌特集はメインテーマが
「まるごと一冊水中写真!」
撮影のヒントになる情報盛りだくさんです!

各メーカーのミラーレス一眼カメラを使ったプロカメラマンの作品例や
今をときめくガイド会の“南の島”でマクロを得意とする
”イチオシマクロ”特集など、
買って保存したい特集もめじろ押し!


9月9日に急逝した水中写真家であり、『マリンダイビング』の編集長でもあった舘石昭の
追悼特集も、掲載しております。
少ないスペースでは紹介しきれなかったことに
愕然としているわけですが(汗)。
でも、舘石ファン、『マリンダイビング』ファンの皆さまには必見です!!

まだ見てない!?
それはマズイでしょー(笑)

ぜひ皆さま、『マリンダイビング』12月号をお見逃しなく!

書店で見つからない方はこちらでも購入できます!


ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!

ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116

週末の車選び

ずっと前に書いたような気がするが
我が家で買った車(ヴィッツ)が
ダンナの実家の事情でベンツになった。

まさに海老でタイを釣るってことだったのだが。

ただ、「車検は半年後だから・・・」という言葉を信じながら
四国から東京まで帰ってきたものの
ふっと気づけば、車検は1年前(怒涛の汗)。
東京に帰って、数日後に気づいて、駆け込んだから
逮捕されずにすんだのだが。


そのベンツがほぼ4年前の車検でやや異常を見せ、
だましだまし使っていたら
2年前、まさかのエンジンストップ。
でも、だましだまし使い、車検も通してもらっていたのだが、
さすがに次の車検に出す前にはもう手放さなければ・・・な状態に。

我が家の車担当は私。

忙し過ぎるので、車には載っているものの
そういったことには野放し状態。

手放すということで
①もう車は買わずに手放す。必要なときにレンタカー
②買い替え

めっちゃ悩んだ。
が、私的には意外に使うことも多く、東京にいる年老いた両親が困ったときに何かあるかもしれぬと
とりえあえず②の買い替えを選択。

そんなわけだから、
最初はとにかく“走ればいいや”的な車を探そうとした。


が!

車に乗ってこの方、
①免許を取ってすぐ、とりあえず、親が買っつてくれた(私の意志は50%ぐらい)、
何とかなる車(マツダのファミリア)
②その車を弟が勝手に買い替えて、ヤン車(ベンチシートのアメ車・・・ビュイック)
③旦那のお父さんのお下がりのベンツ
④初めて我が家で買ったヴィッツ(ダンナが選ぶ)
④ヴィッツが欲しいと実家に言われ、取り替えたベンツ(今、あるやつ)

と、気づけば、私の意志はまるで(ほとんど)なかった車選び。

うーむ。

私的には欲しい車は山ほどあるのだが
例えばフェラーリなんかは手が届くはずがなく(笑)
・・・今日もPumaのショップに行き、気づけばフェラーリとのコラボコーナーにいる自分に気づく・・・
現実的なところで・・・と探すと
欲しいものには手が届かず、ちょっと背伸びしてみることに。
いや、ホントはリッター20km以上走る国産車にしようとは思ったんだけど(汗)


私は
大きい車が好きです(即、諦める)。
速く走る車も大好きです(そんな年じゃないだろう!)。
でも、小さくてカッコイイ車が好き!

ということで、
ミニクーパーにアクセス。

ミニクーパー

明日、今ある車を見せて
査定してもらう予定だが・・・

たぶんここの車になるような気がする(ワクワク!)
色は、変えますよ~(^^)


フライデーナイト

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


今の時刻は日曜日の22:22。
結構、数字がそろったときのデジタル時計を見る機会が多いのは私だけ!?
・・・んなわけないな、と思いながら
「運のいい女」として自他ともに認めるゴット姉さん@後藤です。

今日の出来事を書く前に、まずは週末のことから。
全然ブログじゃないじゃん。

先週末は、会長の舘石昭が逝去し、49日が終わったということで
おごそかに(!?)お食事会。

生前、舘石も通っていたお寿司やさんへ。
すし銀蔵

会社でごちそうになりました!


ネコちゃん

原村ネコ
うちのアイドルちゃんの一人、原村ちゃんも、撮影に必死です(^^)


(お寿司は、隣に座った食べざかりのF子に1/3ちょっと食べてもらった・・・
いや、ホントは大好きなんだけど、飲むと食べられない今日この頃)


それはともかく・・・
舘石がちゃんと御墓に納骨されたということで。
お墓参りに行かなければと。

先月に発売された『マリンダイビング』11月号の追悼グラフ
今月発売された12月号の追悼特集・・・
ぜひご覧いだたきたいのだが、故人が見たら
「ごとーちゃんっ! そうじゃないんだよ!!」と
怒られそうで、ホント、また舘石が目の前に現れそうで・・・。


まあ夢枕に立つのは、ガマンするとして・・・(汗)


その会が行われたのはフライデーナイト。
まだ電車は十分ある!と、
私と同じ駅で降りた合計4名は
赤坂の夜へと紛れ込んだのでした。

いろいろ店選びに迷った揚句、行ったのは
イタリア料理居酒屋さん。
おなかがいっぱいなはずなのに、
生ハムやらトリッパやらチーズやら
“つまみ”がメッチャおいしい。
ワインもスプマンテもお手頃なお値段!

気づけば終電なんてないじゃーーーん!な世界に。

タクシーで帰ろうとたくらむ私を止めるみんな。
行きましたよ、ひっさびさの朝までカラオケ。

元気なミツイ
まあ、後輩のMはありのままとして(笑)

岡
ホントはちゃんとしている画像もあるのですが敢えて(笑)
大御所Oのカラオケ姿。


いや~、ひっさびさの朝までカラオケ。
でもね、あと15分、延長できないと
私の始発便は来ないのだ・・・
(その15分のうちにほぼ家まで行けるわけで。早朝は)。



ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!

ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116

『マリンダイビング』12月号は水中写真盛りだくさん!

今月は10日が土曜日なので
『マリンダイビング』12月号の発売が9日金曜日に!

編集部に届きました!『マリンダイビング』12月号!
マリンダイビング12月号

世界最大の魚類ジンベエザメがナント3尾!
こんな表紙はいまだかつてなかった・・・でしょ?

はらだまこと原田雅章カメラマンが撮っているところを邪魔をしてはいかん!と
私はジンベエを見上げている。
ジンベエ!

20年ぐらい前は「ジンベエザメに会えたら、ダイビングを止めてもいい」と思っていた私だが
これだけ会えるところが増えてくると、
あちこちに行ってみたくなる(笑)。


実際この撮影に居合わせたのだが、
360度の水中視界に8尾がいたのだ。
(視界に入っていないものもいれたら、もっといた!)


そんなジンベエザメに会ってきたのは、セブ・オスロブ。
今月号ではセブ特集をがっつりやってますので、
これから行く方、行ってみたい方、必見です!!

捕食中のジンベエザメ
ちなみに、オスロブでは3m以上近づいてはいけないと言われたのだが・・・
向こうからやってくるのだよ。
こんな口をあけてやってくることも。

ジンベエがやってくる海は、
サンゴの根もあったりして、魚も多いから、
ダイビングにオススメ。
オスロブのサンゴ

ツバメウオもやってくる。
ツバメウオ!

時々すごい群れになっているのもうれしい。


フィリピンの海はわりと頻繁に行っているのだが、
セブ・マクタン島滞在は久しぶり!
オスロブの後に行った、スミロン、バリカサグ、ナルスアン、ヒルトゥガン、オランゴ・・・。
回遊魚からマクロまで、ホント、おもしろすぎでしょう。
アフターもいろいろあるし、やっぱりいいですね~、マクタン。


・・・と言いながら、
『マリンダイビング』12月号では
同じくジンベエザメの新メッカ、サウスレイテを紹介していたりするわけだが。

さらに、今月号はサメ、サメ、サメ!!ということで
パラオのサメ特集も。

一冊まるごと水中写真!で
清水淳さんや千々松政昭さんなどプロが撮ったミラーレス一眼のグラフも見ものだし、
南の島で活躍されているガイド会のガイドさんに提供していただいた
「イチオシマクロ」も大公開!

さらに、皆さまに叱咤激励されながらまとめた「舘石昭 追悼特集」も必見です。

2013年のオリジナルカレンダー付録もついた
『マリンダイビング』12月号。
お楽しみに!! 買ってね~!!

週末からいろいろ・・・幸せな時

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


締切を延ばしていただいている方もいて、
なかなか日々のことが書けないわけで、こっそりはありますが(汗)
この週末から今夜にかけて、幸せな時を過ごさせていただきました。

まずは金曜夜。
これを書くと「永遠の28歳」が
28歳ではないことがバレてしまうわけですが(当たり前!?)
追加公演となった
ボズ・スキャッグス、ドナルド・フェイゲン、マイケル・マクドナルドの
Liveへ。

年を取っておじいになった皆さまではありますが、
いや~、素晴らしい!
私も30年ぐらい前にすっかりトリップしてしましました。

周囲を見ると、若者もいたけど、ほとんどが同年齢かそれ以上。
これだけ年齢層の高いLiveも珍しい(笑)。

でも、10代最後~20代の頃の自分が
どんな心情で毎日のように彼らの音楽を聴いていたか!
めっちゃ思いだしました。甘酸っぱい(笑)。
ひっさしぶりにダンナと一緒だったのだが、
思いは全然違うところに飛んでいってしまった、ハハハ(笑)。


みなとみらい
みなとみらいの夜景も、なかロマンチック。


翌日は、お仕事でDANジャパン主催のDivers Dayと名づけられたセミナーへ。
まあ、こちらは『マリンダイビング』1月号(12/10発売)でレポートするとして・・・

日曜日は家でお仕事。

久しぶりの家ランチ。
先日石垣島出張をしたときに、那覇の空港で買ったソーキそばを作ることに。
ソーキそば

いつも買うのとは違って空港で買ったお土産用のソーキそば。
麺がもちもちで
これはこれなりにおいしかった~。

あ、ちなみに先日書いた「こっそり石垣牛を仕入れる」ミッションは、
まったくそんな時間がなく断念。
まあ、到着日に時間が空いたときに
大好きなお店のひとつ《たけさん亭》で、
しっかりおいしい石垣牛をいただいたんですが(^^;;)

そして本日は、いとこが上京ということで、
いとこを囲む会@銀座。

そのいとことは、5年前に石垣島の空港でバッタリ会ったのが最後だったのだが、
沖縄が大好きなようで(たぶんダイビングもしている)
久しぶりという感じがしない(笑)。

いとこ連中に著書を買ってもらおうと思っていながら
すっかり持って行くのを忘れてしまった(汗)。

相変わらず怒涛の日々なわけだが、
こういう隙間を縫って過ごす時間がたまらなく好きだなぁ。
・・・と思っているのでした。



ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!
ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116

石垣島を満喫できる映画

あと少しで本日の仕事のノルマが終わるのだが、
ついつい脱線。

そういえば、皆さん、観ましたか?
映画『ペンギン夫婦の作り方』

あの“食べるらー油”で一躍有名になった「石垣島のらー油」を生みだした
石垣島の辺銀食堂の辺銀さんご夫妻の物語です。

えっと、私もまだ観ていないわけですが(汗)。
この映画をめっちゃ観たい理由は
全編石垣島で撮影されているから!

石垣島LOVEな方には絶対にオススメなワケです。
(そんな方はとっくに観ているのか・・・汗)。

それはともかく最近はわりと手に入るようになった
「石垣島のらー油」。
でも、公設市場で売ってたのは確か900円(うろ覚えだけど※)。
高くなったなぁ。
※取材メモを見ろ!って感じですが・・・すみません。

それでもおいしいからついつい買ってしまう。
今回行ったときは買う暇がなかった(涙)。
でも、実は西永福のスーパーマーケットで時々入荷しているという情報。
散歩がてら行くにはちょうどいい距離なので
時々買ったりしているわけだが(ここ2年ぐらいは行けてないが)。

ということで、石垣島のらー油のボトルを眺めながら
映画に行ける日を夢見ている私なのでした!
ishigaki


映画情報はこちら!
http://www.penguinfufu.jp/
プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。