四国の牟岐に初潜り

・・・って一体いつの話だ!?という突っ込みは置いておいていただいて。

そう、私が義父の一周忌(@高松)に思いっきり遅れ、
知人が隣の席にいるという奇跡が起こった日。

勘当モノな失敗をやらかした挙句、
翌日は嫁ひとり、牟岐(むぎ)へダイビング。
どんな自由人だ!?

でも、こういうときじゃないとなかなか四国へ潜りに行けないわけで。
一日しかないので、柏島や沖の島方面へ行くにもつらいわけで・・・。

ということで、初めて徳島の牟岐に潜りに行くことにした次第。

牟岐といえば、そうニタリ!
ニタリが狙える海なのだ。

ここのところサメ運がいい(と自分だけが思っている)の私。
秘かに「絶対に出るに違いない」とかなり前向き(というより前のめり!?)な姿勢で臨む。

高松の実家から車(わぁ久しぶりの、元・我が家の車、Vitz! 品川ナンバーだぞ!!)で
いまだかつて行ったことのない牟岐へひとり向かう。
《クラブノアむぎ》の森永達矢さんが
「高松からなら車で大体3時間ですよ~」とおっしゃるので
初めてのところだし、プラス30分以上は多めに計算して出かけた。

「一日3本潜るなら8時集合ですね~」
ってことは、早朝4時半出! 
前日遅刻した私は心配で寝られず、結局4時過ぎには出ていた。
途中、ちょっとだけ迷ってUターンしたが、
7時過ぎには《クラブノアむぎ》に到着。ぴったり3時間だ。すごいぞ、森永さん。
クラブノアむぎ

あまりにも早く着いたので、ぷらぷらと周辺を散歩したり、
きれいな《クラブノアむぎ》の施設を回ってみたり・・・。

そうこうするうちに続々とダイバーが到着する。
大阪や神戸、岡山から海を渡ってやってくる人たちも多い。
なんとなく関東とは違ったのんびりした雰囲気がまたいい。

牟岐ではボートダイビングが主流で
漁協加盟のボートで約20分、沖にある大島やその周辺に潜りに行く。

「もしかしたら、ニタリ」に会えるかも・・・と言われながら向かう。
ふと、船長が指を指した方向にサメの背ビレが!
ゆっくり近づくと、ハンマーヘッドシャークだった。

嫌な予感がよぎる。まさかサメはこれで終わりなのでは!?

気を取り直して潜ってみると・・・
台風の影響で前日は透明度が1mぐらいだったそうだが、少しは持ち直して15mぐらいは見えている。
サンゴが点在していて、ソラスズメダイの乱舞がキレイだ。
ソラスズメダイとサンゴ

こんもりソフトコーラル
ソフトコーラルも、あまり伊豆では見ないタイプ?というか、
なんか密度が濃い。

ゲンロクダイ
大きなヨコミゾスリバチカイメンもあるし、
タキゲンロクダイなどのチョウチョウウオも多い。たぶん季節来遊魚じゃなくて、ここにすんでいるものだ。

イサキ
イサキの群れも結構出てくる。おもしろいぞ~。

だが、ふと気づけば30分以上が過ぎ、ニタリに会えることもなく浮上することに。

じゃ、2本目に期待を抱いて・・・と潜ると
ニタリには会えなかったが、アオウミガメの「頭隠して尻隠さず」状態の寝姿に遭遇。
ウミガメ

牟岐の近くにはウミガメで有名な日和佐海岸があって(そういえば今週、朝の番組で
日和佐のうみがめ館で体験飼育員をしているレポートがあったなぁ)
大島周辺でも結構見られるのだそうだ。

でも、日和佐に産卵にやってくるのはアカウミガメで、
大島周辺ではアオウミガメのほうが多いんだとか。
不思議だ。

3本目は大島ではないスポットの「イワシグロミ」へ。
「大きなツカエイがたくさんいますよ~」とのことだったのだが、
台風のうねりでどこかへ逃げてしまったのか、会えたのはたった1尾。
写真は省略するけれど、会えてよかった。

そしてその砂地にはいろいろな生物が!
ミナミホタテウミヘビ
ミナミホタテウミヘビ。

温帯の魚も多いけれど、
熱帯の魚もとても多く、フィッシュウオッチングにはたまらないな~と
思いながら、その日のダイビングは終了。

で、帰ってログづけをしているところで、後ろの席のグループがざわめいている。
「おおっ、撮れてる!」
「でも、もうちょっと近づいてくれればなぁ・・・」
「濁りがあと少し引けばもっとくっきり撮れたよね」

それってもしかして・・・ニタリ!?

私たちは諦めて3本目は大島ではないスポットで潜ってしまったのだが、
「3本目も出るときは出る」と信じたグループが
ニタリをゲットしたのだ。

いることはわかった。
写真にも確かに写っていた。

が、私は見ていない。

またリベンジに行かなくてはならなくなったぞ、牟岐!
まあ、ニタリは見たことがあるし、
伊豆大島などの近場でも狙えるから、いいんですけどね(強がり)。

さて・・・
牟岐でニタリを狙う方は、《クラブノアむぎ》へどうぞ!
http://www.tk2.nmt.ne.jp/~noah2000/













スポンサーサイト

タイ取材仲間が東京に集合

確か2010年の4月か5月だったかと思うのだが(汗)

タイ国政府観光庁大阪事務所の主催で
タイのサムイ島&タオ島の取材があった。

そのときに集まった方々がものすご~くいい方ばかりで
特に女子の結束が固く(笑)
年に一度、なんだかんだと集まっている。
なにせ大阪の方が主催なのでなかなか集まれないと思いきや、
大阪からしっかり来てくださるのだ。

去年は湘南でBBQ、
そして今年は・・・イベント盛りだくさん!

まず昨日はたまたま開催されている
世田谷区多摩川花火大会へ繰り出す。

ひっさしぶり~。

年に一度は、温かな友人・知人・後輩のおかげで
比較的大きな花火大会には行かせていただいているが、
やっぱり二子玉川の川原で見る花火はいい。
多摩川花火大会2013

花火の種類もグレードアップしていて、
BGMとともにめっちゃくちゃ楽しめた。
多摩川花火大会2013ラスト

Youtubuに動画もアップしました。
こちら!

それにしても花火技術はやっぱり日本が一番!


日本人でよかった・・・と
大阪からわざわざ来てくれた二人+忙しい中、駆けつけた東京チーム3人とともに
ぐびぐびビールを飲みながら、心から思ったのでした。


※パソコンが変わって、なぜか写真が縦位置にならない・・・うーん
お許しを・・・

初「北極」

部類の辛い物好である。

でも、辛けりゃいいってもんでもないのだ。
特に好きなのは唐辛子系の味わい深い料理。
もしくは味わい深い激辛カレー。

そんな私ではあるが、辛い物を求めて食べ歩くということは
ほとんどない。
時間がないから。

だが、先日、たびたび足を運ぶエリアに
ラーメン店「中本」があることに気づいた。

噂に聞いていた中本! でも行ったことのない中本!

ということで、すぐさま訪れた。

が、訪れてみて何を注文すればいいか、わからない。
「初めての方用」ということで頼んだのが「蒙古タンメン」。

麻婆豆腐+ラーメンというもので、
「辛さ表」をしっかり見ればよかった・・・。

・・・辛くない。

ということで、中本ラーメンに通じた人々におすすめを聞いてみたのが
「蒙古卵麺」。

今日、再びそこに行くことになっていたので
ランチは中本♪ と訪れたところ・・・
その店には蒙古卵麺はない。

ということで、食べましたよ、「北極ラーメン」。
中本 北極ラーメン
スープが真っ赤!

結果的には・・・
食べてから7時間以上が経った今、お腹が熱い。

食べたときは
辛いけど、そんなに言うほど辛くはない・・・と思ってた。
・・・なんだけど、それは口とノドだけだったようで
胃腸は悲鳴を上げているようである。

胃腸は正直だ(笑)。




一歩一歩

引き続き帰宅後&早朝、新しいPCと格闘。

今日は無線LANを買い直したところ
サーバーの電源を切れという。
無理。家人が何かをひっきりなしに録画しているから無理。

無線LANは明朝の作業だなぁ・・・(涙)と思いながら
できていなかったMicrosoftの設定をする。
今朝は設定をしていないために
仕事ファイルを会社のPCに送ることができなかった。
(前のPCを立ち上げて、送った)。

でも、テストしてみたら、ようやく送れるようになった・・・気がする。

どうも三歩進んで四歩ぐらい下がるような進み方だが(進んでない!?)
少しずつこのブログも書けるようになったし、
印刷もできるようになった。
なんとかなってきた気がする。

まあ難題は家のサーバーがこのPCにあるWindows8に対応していないってことなんだけど。
もうGmailで設定しちゃったからいいわ。
(古いPCもため込んだものを整理すればきっと、きっと、メールぐらいは使えるはず)

ということで、
自宅でもまた十分仕事ができる環境が整いつつある(汗)。

いいんだか、迷惑なんだか(笑)。



がーーーーん!

確か2007年の11月のこのPCを購入したのだが
いよいよ危ない。
ということで昨夜、閉店間近のヨドバシカメラに走り
新しいPCをゲット!

早速設定を始めたら・・・
どうやら持っているルーターとは互換性がないようで
無線LANができない。

有線にして設定を進めたら
インターネットは使えるようになったが、
今度はメールが設定できない。

夜中3時過ぎまで頑張ったが、できない。

気を取り直して今夜また始めたところ・・・
やっぱりできない。
というか、パスワード、忘れた(汗)。
いろいろな資料を探すが・・・ない。

それならばと、サーバーのHPにアクセスして
パスワードを取り寄せようとトライしたら・・・
なぜか私の名前でアクセスがされていない模様。
あれ、モグリだった???

それはともかく・・・
ふとHPのニュスフィードを見ると
「Windows8」にはこのメールサーバーは対応してません。
という、なんともツレない文章が。
そんなことってあるの?????????

今、新たなメアドをゲットするか、
gmailのアドレスで我慢するか、考え中。

gmailでも仕事できるしな。

というか、今も無線LANが使える古いPCを使って書いているわけだが
クラッシュ寸前とよく言われるこのPCを
元のメール専用として、最後まで使うしかない。のか?

こうなったら、いよいよスマホも買うしかないのか??


下田さんを囲む

西表島、パラオ、そしてグアムと行く先々で活躍している
ダイビング界のレジェンド、下田一司さん。

先週、いや、先々週?
毎度のことながら、「今日の夜、暇?」と
後輩を通じて連絡が。

その日は他の用があったので
明日ならと答えたものの、
全然、仕事が終わらない。

ある程度、キリをつけたところで(まあ、途中外出ってやつで)
会場の新橋BOXへ。

Facebookでその姿は見ていたが、
すっかり剃り上げてめっちゃシブイ下田さんがそこにいた。
下田さん

集まっているのは昨年のデイドリームや龍馬のパーティーで知り合った
女子ダイバーの方々。
すっかり女子会ムードになっている(笑)。
ハゲタカ会

だが、「ハゲタカ会」と名づけられる(爆)。


さて、下田さん。
これからまたいろいろと動き出すようで、目が離せない。
また下田さんの追っかけが始まる!?

サザンの復活祭へ!

モバイラーではないため
今さらですが・・・
昨日、サザンオールスターズの復活祭初日に行ってきた。

ダイビングで知り合った方がサザンが大好きで
ファンクラブに入ってまで取ってくれたチケット。
ありがとうございます!!

猛暑とはいえ、さすが、横浜。
夕方になったら風が涼しくて、しかもよく風が当たる席だったので
助かった。

さすがに写真撮影はできないのだが、
開演前ならとこっそり撮った1枚。
サザンオールスターズ復活祭!
まだアリーナ席はガラガラ。

でも始まる頃には(40分遅れで開演したんだけど)
記者席以外はすっかり埋まって、発表は7万人!
熱気ムンムンだ。

疲れ切った身体には階段の上り下りや、取材先よりもはるかに暑い気温に、
今日は仕事が全然はかどらなかったのだが、
(しかも出張中の洗濯が夜になっても・・・途中だ~~~!!)
でも行ってよかった!

サザンならではの夏ソングを中心に32曲、たっぷり堪能。
一緒に歌ったのでノドもガラガラです(汗)。

さすがに会場では“運命の人”Eikoさんには会えなかったが(笑)
かなり近い席だった模様。

私の夏の大イベントが終わってしまって、ちょっと残念なのだが、
こうなったら19日の新橋BOXで開催される
東風平高根さんのライブに行くしかないな。

と、今月もそんなことを言ってはいられないはずなのに
遊ぶことばかり考えている今日この頃なのでした。

鍵井さん写真展で再び奇跡

仕事だけじゃないような気もするが、あまりにも忙しくて
ブログをさぼっていて、
何から書いていいか、わからない(汗)。

なので、とりあえず近いところから。

昨日、横浜そごう6Fで開催されている
フォトグラファー鍵井靖章さんの写真展に行った。

フロア内で迷ってしまってウロウロしていたら
「ほら。あそこに後藤さんもいる」という鍵井さんの声。
ん? 振り向くと、そこには鍵井さんとEikoさん。

そう、先日、飛行機で偶然隣の席に座っていたEikoさん!
またまた偶然の再会!
なんかあるのかな、私たち(笑)。

聞けば、夕方開催されるサザンの復活LIVEに行くとのこと。
私も。

ということで、再会を祝して・・・じゃなくて
鍵井さんの写真展を祝って記念写真!
DSCF5633.jpg

ちなみに鍵井さんの写真展はさすが、そごう。
額に飾られた写真を購入することができる。

DSCF5631.jpg

今回は新しい写真集『夢色の海』の作品が主で
ふんわりとしたメルヘンチックな海の写真が展示されている。
前回の写真展と写真集で発表された新たな鍵井ワールドに
安らぎを感じるのでは??

DSCF5632.jpg
私が知ってるアシカの赤ちゃんも出てます! 

そごう横浜は19日までだけど、
14日~26日は神戸のそごうで、もっと規模を大きくした写真展が開催されるそうだ。
ぜひ足を運んでみてくださいませ。
プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR