MDFその後~ミシュランの店「青柳」

今日も、ちょっと仕事をしてきました。
なので、今月は休みなし。
休日出勤・残業代が出るならば、富豪になっていたかもしれないんですけどね。
それはない(汗)。

でも、「役得」ということもあるわけで・・・
ふふふ。

報告が遅くなりましたが、マリンダイビングフェアが終わった翌日、
シーラカンスの生態撮影に初めて成功した、
フランス人の写真家で海洋生物学者のローラン・バレスタ氏を囲む
ブランパン主催の昼食会なるものに参加させていただきました。


場所はロシア大使館のすぐ近くにある日本料理のお店「青柳」さん。

バレスタ氏の話もチョ~超~面白かったのですが、
料理が出てくるとフォトタイム!
(バレスタさんも撮りまくっていました・・・^^)
何せミシュランガイドに載る有名店。
もちろん、行くのは初めて。

ワタクシとしたことが、その日のメニューを控えてくるのを忘れてしまったのですが、
前菜?からデザートまで、コース料理でした。

で、最初に出てきたのがこちら。
一品目 青柳 お寿司
素敵なお皿に盛られたお料理。
筆箱のような細長い、漆器を開けると、中にはお寿司。

青柳 お寿司
お寿司ったら2段になっていて、下にもお寿司が入っていた。

前菜とはいえ、お寿司が入っていて、
旬の魚介類が使われている。おいしい。ペロリと食べてしまう!

はものお吸い物 青柳
お吸い物は、確かハモの練りものが入っていたと思う。
きのこも香り豊かで歯ごたえもあって、美味。

日本料理だ~!
でも、フレンチっぽくもある。

そして、タイ(だったと思う)のお刺身に、季節の野菜の天ぷら。
タイのお刺身 青柳

天ぷら 青柳

レンコンの・・・青柳


ローラン・バレスタさんと同じテーブルだったので、
(うち出身のライターで、ローラン・バレスタに最も近い、フランス語ペラペラのNさんが
同じテーブルにいたので、ずっと会話できていたわけではないけれど)
緊張しつつ、聞きたいことをいっぱい聞いて、
途中のお料理は味わえたか?といえば、そうでもないのですが・・・

もしかしたら途中撮り忘れていたかもしれないが、
〆で出てきたごはん。

ごはん @青柳

お米がおいし~い!
お漬物もおいし~い!

お店では、「卵かけごはん」を勧めていて、
バレスタ氏もトライしていたのだが、
ご飯だけでもメッチャ美味!

お昼だからと、自分に甘い私はしっかり食べた。
でも卵かけごはんは遠慮したのだが、うーん、悔やまれる。

その後、レモン風味のくず湯が出てきて(これがまた美味しい!)
シトロン風味くず湯 @青柳

さらにはどら焼きま出てきて・・・
どらやき @青柳

日本料理ってやっぱりスゴイなぁと思った次第。
味にはオンチではないけれど、
そんなに高級な食べ物には慣れていないので、かなり緊張したが、
いや~、美味しかった!

水中表現家の二木あいさんとはテーブルが違ったので
あまりお話ができなかったが、
最後にローラン・バレスタ氏と二木さんのツーショット!

二木あいさん&ローラン・バレスタ

それにしても、私はその時知ったのですが、
1998年ぐらいだったと思う、パプアニューギニアのフォトコンテストを
『マリンダイビング』で発表した。
グランプリは、シャコが捕食しようと長い前脚を繰り出して獲物をパンチした瞬間の写真。
その撮影者がローラン・バレスタ氏だった。

その時にも感動したのだが、
うーむ。やっぱりすごい人だったんだなぁ。

その日、会社はお休みではあったけれど、
素晴らしいひとときを、ありがとうございました。


来月、GW期間の何日かは休めそうな気がする。。。
たぶん。。。






スポンサーサイト

ポール・マッカートニーはMUSTだと思う

昨日、FBでもつぶやいていたのだが、
山ほどある仕事を放りだして、行ってしまった、ポール・マッカートニーのコンサート。

2013年に来日した時も行きたかったのだが、
タイミングが悪すぎ、
昨年もタイミングが悪すぎ、
今年は、「ちゃんと滞りなく進行していれば行ける」状態だったので、
会社の子が「予約する!」と宣言したときに、お願いしたのだ。

が、「ちゃんと滞りなく進行」したことがかつてあっただろうか?
あるわけない。あったとしても、忘れちゃうぐらい少ないことだ。
で、案の定、やるべき仕事は終わっていなかったのだが、
週末で、ある程度、日曜日にやっても許されるぐらいの量だったこともあって、
しっかり間に合うように出かけたのだった。

ポール・マッカートニー OUT THERE 2015
開演間近とあって、東京ドームの入り口はかなりの人

席は1階席の3塁側。だけど、わりと正面!
舞台が小さいなぁ・・・。
最近、近眼というか乱視というか、疲れ目で、
遠くが見えなくなってきたので、ツライ。昔はここでもよく見えたのになぁ。
ポール!

でも、巨大モニターが舞台の両脇にあって、
それはバッチリ見えた。


開演18:30と言いながら、実際は19:15過ぎに始まったのだが、
「8 Days A Week」に始まり、ビートルズのナンバーがたくさん!

ビートルズはめちゃくちゃよく聞いてきたし、今も聞いてるけど、
ポールのソロ活動はあまり追いかけてなくて、
実のところ、ついていけるかどうか不安だったのだが、
何にも問題はなかった。
ビートルズの後もウィングスと一緒にやってた時代、
ヒット曲が多数だったので、覚えている曲ばかりだった。

「The Long Winding Road」を何気なく前半で始めてしまったり、
サラッと名曲をガンガン飛ばしながら、歌いまくるポール。

今、このときを、ポールの声を聴きながら、一緒に歌える快感。
「世界遺産」ともいえる、ポール・マッカートニーと同じ場にいる幸福感。

人生にはいろいろ大事なことが転がっているように思うけれど、
「これは人生で絶対、見ておかなければいけない」という瞬間にいられたと、
かなり満足している。

忙しい・・・なんて言いながらすみません!!

でも、本当に素晴らしい夜だった~。

チケットを手配してくれたJちゃん、ありがとうございました!
そして、仕事を放りだしたのにフォローしてくれたFちゃんもありがとうございました!!




三好和義さんの写真展で気分は沖縄♪

4月8日から開催されている
写真家・三好和義さんの写真展を見に
銀座ニコンサロンに行ってきた。

テーマは「永遠の楽園 沖縄」
三好和義写真展 永遠の楽園沖縄

2月のCP+でご本人から「いい写真、水中写真もあるよ」と伺っていたので、
これは行かなくちゃ!と思っていたのだが、
先週の日曜日に近くまで行ったのにもかかわらず、仕事に追われまくっていてすっかり失念。
今日も追われまくっているのは変わらない・・・どころか、何十トンもの重さでのしかかっているような状態なのだが
今日行かなかったらもう行けなくなる!と、行ってみた。

週末は14時からトークショーを行なっているという情報だったのだが、
残念ながら行ったのは17時過ぎ。
私にしてはじっくり見ていたのだが、ふと気づくとマイクを持った三好さんが目の前に。

「ええっ!?」

そう、ギャラリートークが始まったのだ。

そんな情報を知っている人はたぶんものすごーーーく少なかったのだろう、
ほぼ10人ぐらいで贅沢にお話を伺う。

1972年~1974年に撮ったモノクロ写真のこととか、
述べ2カ月間にわたって撮影のために行ってきた沖縄の島々のこととか、
デジタルプリントを今回、ご自分で初めてやったこととか、
どんなレンズを使って、どんなアクセサリーを使って撮ってきたとか・・・・・・・・

超贅沢な時間を過ごすことができた。


残念ながら、私は「顔は見たことがある」程度の認識でしか覚えられていないのか、
はたまた極度の疲れによって顔が変わってしまったのか(今日は、ホント、ヤバイんです!)、
ギャラリートーク後にお話をしたとき、最初はまったく誰だかわかってもらえなかったが、
話しているうちにようやく思い出していただいて・・・

もうすぐ出る楽園の絶景写真集、MDの読者プレゼントにいただいちゃいましたよ~(笑)
おそらく6月10日発売になるはず。

それはともかく、ギャラリートークからさらに踏み込んだお話まで伺えて
幸せのひとときでありました!

この写真展
銀座ニコンサロンで21日(火)まで開催!
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2015/04_ginza.html

三好和義さんのブログによると、
大阪ニコンサロンでも開催!
2015年5月14日(木)~20(水)

ぜひご覧くださいね。

あ~、でも、私も沖縄に行きたくなっちゃったな~。
波照間島で星空眺めていたいなぁ~

ニューカレドニアを案内してます

とらべるこちゃんの
「現地ブログ」ニューカレドニア ぐるめ編に
「ラ・スクーバ」副編集長の福島史子とともに書いているブログがスタートしました!

http://www.tour.ne.jp/w_review/NOU/restaurant/spot/115823/

見てくださいね!



プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR