スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりラパスはハンパない

普段は月刊『マリンダイビング』を中心にしているが、
9月24日発売の『La SCUBA』(ラスクーバ)秋号の取材(私がエリア特集を担当するのは初めてだ!)で
メキシコの”女子旅”に来ている。

モデルのカロリナさんにも同行してもらって
1週間が過ぎ、
カロリナさんはほかの仕事のために帰国。
(時々インスタグラムやFacebookで報告してますが)
一昨日から石川カメラマンとの珍道中真っ最中だ。

アエロメヒコ航空に乗ってメキシコシティに入り、
グアナファト州のサンミゲルデアジェンデ、グアナファトとめぐり、
カリブ海に面したリビエラマヤに入ってようやく海の旅。
ちょっぴりカンクンにも寄って、
昨夕、バハカリフォルニア州のラパスに入った。

石川カメラマンにとっても、私にとっても、庭だ。

だが。ラパスの滞在時間は24時間。
少なすぎる~。

どうしよ~とちょっぴり焦りはあったものの、
やっぱりラパス。
期待を裏切らない。

モブラことミニマンタの群れが、あの「ロスイスロテス」に!
モブラの群れ
(私はあまり撮れなかったけど、プロのカメラマンが撮った写真は『LaSCUBA』で!)

20年ぐらい前に初めてラパスに来たときも
ファンバハの前身のダイビングサービスでモブラの何千という群れに会えたのだが、
今回お世話になっているファンバハと、相性がいいんだろうか。
カルロスさん、ありがとう!

7月はアシカたちの繁殖期とあって、オスのアシカがとにかく元気。
お父さんアシカ
ラパスは9月からがベストシーズンとはいわれるものの、
やっぱりいつ行ってもスゴイ海だ。
アシカだって遊んでくれるんだよ。

ちなみに、6~7月頃生まれた赤ちゃんアシカは
岩の上にいっぱいいた!!!!
超カワイイ。

そして、私がいつも「世界で一番魚影の濃いダイビングスポット(の一つ)」と言っている
「スワニーリーフ」も、今回もスゴかった!!!

コルテスグラントの群れに始まり、
メアジのものすごーーい群れ(そういえば、「ラ・レイーナ」も今年はすでにすごく集まっているようだけど)。
その群れがドカンと音を立てて割れたと思ったら・・・
東部太平洋版ロウニンアジ
東部太平洋版のロウニンアジ・・・と私は呼んでいるんだけど、
ギャフトップセールフィン(だっけ?)が超大群でメアジを追いかけていた。

超少ないラパス滞在だったが、
いや、マジ、充実。
この秋のベストシーズンはきっとスゴイんだろうなぁ。


さて、またいつブログを書けるか、わからないけれど、
今夜最後の取材地、ロスカボスに入った。
ここも、相変わらずヤバイ(^^)




スポンサーサイト
プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。