これってホント? ルイヴィトンSALE

もう20年ぐらい前になるのだが(あれ、もっと!?)、
とある海外でルイヴィトンのブティックの取材に行ったところ
あまりにも失礼な応対をされてから
(それは何も知らない若かった私があまりにも失礼だったわけだが)
LVさんにはずっと近寄らないでいた。

昨年の夏前、赤坂見附というか、四谷というか、
まあ、会社に近い所で、ルイ・ヴィトン展なるものが開かれていて
評判がすこぶるよかったので、わざわざ事前登録をして、ある日曜日の夕方、
会社を抜け出して(って、勤労奉仕の休日出勤だったから誰も文句は言わないはず)
その展覧会へ。

いや、好きではないけど、その世界観、やっぱり素敵でしたのよ。
ルイ・ヴィトン展

もともと旅を快適にするために考案された
バッグというか、荷物を運ぶためのトランクから始まっているんですよね。ルイ・ヴィトン。

ルイ・ヴィトン
昔は、なんでも持っていかなければならなかった。
食器もこんな感じで運んでいたんですね。

rなう
モノグラムの衣装ケース。
もうタンスそのもの。タンスって、今言わないか(汗)。
でも、衣装もこういうタンスのようなケースに入れて運んでいたんですね。
今の時代にはあり得ないですよね!

tansu
こちらも、タンスです。
そういえば、モルディブの大好きなリゾートの一つ、コンスタンス・ムーフシでは
こういう家具を使っていて、テンションが上がったことを思い出しました!

DSC_3115.jpg
これ、日本の有名人のために作られたもののはず。

DSC_3108.jpg
これは市川海老蔵さん用に作られたものだったっけ?
違ったらごめんなさい!!

などなど、時代物のルイ・ヴィトンの作品から
最近のものまでいろいろ展示されていて、見ごたえがあったのです。

いずれにしても、目の保養にはなるけれど、
私には無縁だなぁと思っていたのですが、
つい先日、
差出人ルイ・ヴィトン(フランス語で)から、最大80%OFFセールのお知らせが。
ナニナニ??と見てみると、いいなと思うものがUS$200ぐらいで買える!
元は、日本で70万円ぐらいするものがですよ!!

舞い上がりました。
ついポチッとしそうになりました。

もうすぐ誕生日なので、自分へのご褒美にと最高!と思いました。

が、待てよ。

そう、そのメールは会社の私のアドレスに来たのですが、
(BCCではなくて、個人あてに!)
私が昨年、展覧会を見るために使ったのは個人アドレス。
あの、ルイ・ヴィトンさんからのお知らせではないではないか!!

思いとどまりました。


今日もまた「あと数時間がラストチャンス!」と会社の私のアドレス宛にお知らせが。

もちろん、日本の会社ではなく、「輸入」というか「船便で」送られてくるそうです。

あり得ないですよね。
踏みとどまりました。
でも、本物を本当にこんなに安くセールしているんだとしたら、悔やむなぁ。
ま、その時はそういうこととして、諦めます!

やっぱり、LVさんとは縁がないなぁと思いながら、
それでもいいやとも思っているわけですが、
でも、創業者の旅への思い、旅する人への思いは、
過去のイヤな思いを簡単に吹き飛ばしてくれました。

いつか、本当にその精神に見合うだけの人間になって、
素敵なLV製品が持てるようになりたいなぁ。


PS 2月が終わる前に!と思ったのに、すっかり日付が変わってしまって3月に。
2月は1回もブログアップできず、申し訳ありませんでした。。。

スポンサーサイト
プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR