スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーギリ・ポテト@モルディブ

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


モルディブ・ローカルアイランドツアー第3弾!

初日の1本目が終わって、マンタスノーケリングを終えた後、
休憩がてら停泊したのは、
カンドゥオルギリ(たぶん)と呼ばれるツナ工場のある島。
kanduoilygiri.jpg

ダイブサファリでも、リゾートダイブでも
ほとんど訪れることのない島だ。
こんなところに行けるのも、ローカルアイランドツアーならではかも。

2本目は、「マーギリ・ポテト」というスポット。
マーギリロックの西側といえばいいのだろうか、
ジャガイモのような根が離れにあるスポットだ。
(ポテトリーフとはまた違うそうで・・・)

砂地では、モルディブの固有種、ドラキュラシュリンプゴビー!
ドラキュラゴビーのペア
繁殖シーズンなのか、ペアでいることが多かった。

砂地を撮影しているダイバーの上には
キビナゴの大群も。
キビナゴの群れ

砂地を散策して根に戻ると、
超巨大なナポレオン!
巨大ナポレオン
全然近寄らせてくれないけれど、額の大きさや体高の高さなどでは
これまで見たナポレオンでも最大級。
ここまでよく生きてこられたなぁと感動。

根は魚影がめちゃくちゃ濃くて
いろいろな魚たちにお目にかかれる。
ヒトヅラハリセンボンとミノカサゴ
ヒトヅラハリセンボンとたぶんハナミノカサゴ

キンメモドキとユカタハタ
キンメモドキとユカタハタ(たぶん)

根の上には、インド洋バージョンのキンギョハナダイや
アカネハナゴイに似たハナダイもぐっちゃり。

魚好きにはたまらないスポットなのだった。



ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!

ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

ハナダイハーレム

ハナゴイを綺麗に撮るってすごく難しいけど・・・
こんなにいっぱいいたら・・・どれかヒットするでしょう
って位いっぱい
ハーレム状態 
なんて贅沢なんでしょう
プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。