スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6弾 フルマーレの夕食@モルディブ

フルマーレは、首都マーレがパンクしそう!ということで造成された人工の島だ。

ここ数年、毎年訪れているけれど、
行くたびに建物が増え、飲食店や売店が増えている。
でも、マーレのあの渋滞から考えれば、まだまだのんびりしているし
土地もまだ余っているから、ゆったりとした感じなのがいい。

でも、金曜日(モルディブの休日は日曜ではなくて金曜なのだ)は
ゴミゴミしたマーレから遊びにやってくるローカルがとっても多くて
滞在している《フアナイン》の前のビーチもめっちゃにぎやかだったが。

そんな金曜日。
パッケージツアーには夕食が付いていないので
一人で唯一お酒が飲める《フルレアイランドリゾート》に飲みがてら食べに行こうかなと
思っていたのだが・・・
「飲めなくてもいいから、どこかに連れて行って~」というゲストの皆さん。

大人数なので、ホテルの方にオススメどころを聞いて予約を入れてもらうことにする。

行ったのは、前にも行ったことのあるフルマーレ最大のショッピングアーケード(!?)2Fにある
《フードパレス》。
Food Palece@フルマーレ、モルディブ

ここは、モルディブ風の料理のほか、インド料理、パスタ、中華など、”インターナショナル”な料理が食べられるレストランで、
料金も一人6USドルぐらいで料理+飲み物が食べられる、おすすめどころなのだ。
ま、アルコールはないけど。

でも、ダイビングが終わってどうしても飲みたい気分なので
メニューにあったノンアルコールビールを注文する。
ノンアルコールビール「Holstain」
オランダかどこかの輸入品のようだが・・・
うーむ。なんか足りない・・・

料理は気づけばランチと同じようなモノを頼んでいた(汗)。
(皆さんゴメンナサイ)
ボリュームたっぷりな料理

でも、カレー、パスタ、中華いずれもおいしい。


ちなみに・・・
このとき別行動をされたゲストが、
メニューや請求書に書かれた数字をUSドルだと思って
請求「108モルディブ・ルフィア(MRF)」のところ、
100USドルちょっと出して、びっくりされたそうだ。
当たり前だ。
USドルとモルディブルフィアは本当は固定制なのだが
USドルが欲しい現地では1USドル=15MRFで換算してくれる。
(1USドル=10MRFぐらいのところもあるけれど)。
だから、100USドルというと、1000MRF以上の価値があるということ。

普通の料理が30MRF前後というモルディブだから
1000MRFといったら大変なことに!

でも、フルマーレで108MRFを請求されるっていうのも、なんだかボラれ感が大なわけだが。
(エビ=Prawnのカレーは《Food Palace》でも80MRFだったけど)

それにしても、リゾートでは目が飛び出るぐらい高値なモルディブだが、
ローカルアイランドはやっぱりリーズナブル!
しかも、モルディブ人だけでなく出稼ぎに来ているバングラデッシュ人なども多くて
なんか楽しめるなぁ。

そういえば、この日、ホテルの前のテーブル&チェアで
一人、休んでいたら、
観光客らしき3人グループの若者(男性)が来て
最初は離れたテーブルで記念写真を撮っていたのに
気づいたら私が座っているテーブルに。
どうやら日本人が珍しくて記念写真を撮るのが目的だったらしい。
あの・・・私、顔は日本人みたいにのっぺりとしていますが、
かな~り黒いんですけど、しかもオバサンなんですけど、いいんですか??

ま、喜んで帰って行ったから、いっか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

yayoiさん

そうでした!
確かに遅かったですね。どこへ行っても・・・
お国柄ではあるけれど
1品ずつでもできた順に出してほしかったですね!

1つづつでも・・・

夕食美味しかったですよぉ~
ただ・・・料理が出てくるのが遅い、遅すぎる

後で分かった事ですが、全ての料理が出来てから一気に出すのね・・・
そりゃあ、時間かかる筈ですね(笑)
一気に、いっぱい注文しない事をお薦めします
厨房は火の車でしょうから(笑)
プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。