スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルディブのパラダイス(第9弾)

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


モルディブから帰国して、会社も始まり、
新年会やら何やらであっという間に8日。
新年モードがなかなか収まらない・・・。

とりあえず年末年始のモルディブ・ローカルアイランド滞在記を仕上げなければ!
ってことで、12月31日。2011年最後のDIVE DAYの1本目。

最初は「H.P.リーフ」に行く予定だったのだが、
コンディションやゲストのダイビングスキルを考えて、
もうひとつの有名な「パラダイス・ロック」(ナシモティラ)へ!

ここのところ、透明度があまり芳しくなかったので、あまり期待していなかったのだが、
確かに透明度は良くないけれど、
「パラダイス・ロック」らしいカラフルな海中景観!
paradise1.jpg

泳いでいるときに、ん!?
アデヤカミノウミウシ?
アデヤカミノウミシかなぁ。ちょっと違うような気もするが、
とってもキレイなウミウシを発見!
(グループの最後尾にいたので、誰にも教えてあげられなかった・・・汗)

根の先ではムレハタタテダイが大乱舞!
ムレハタタテダイ

その先にはムスジコショウダイが群れていたり、
オーバーハングの周りで
ヨスジフエダイが群れていたりとモルディブらしい景観が続く。

後半は根の上へ。
リーフエッジでウミガメがムシャムシャとソフトコーラルを捕食中。
ウミガメ

そうこうするうちに
男性陣のエアがなくなり、
ガイドが「君たちはまだこの辺で遊んでていいよ」と私に指示をしながら
彼らを連れて浮上。

なんか、最近モルディブで潜るたびにこういう状況になるなぁ・・・
と思って、私はガイドでもないのに
スレートにモルディブの固有種を書いたりして説明しながら棚の上を散策。

ウメイロモドキやほかの魚がザザーーッと逃げていくので
群れの後ろを見ると、1匹また1匹と大きなロウニンアジが姿を見せる。

あれれ・・・と注視していると・・・
ロウニンアジの群れ
真っ黒になった巨大な個体も含めたロウニンアジの群れ!!

数尾の群れはしょっちゅうだが、
次から次へと沸いてくるように現れるロウニンアジの群れは稀。

十分いい思いをさせていただきました!



ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!

ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。