スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWは世界遺産トゥバタハへご一緒に!

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



年末年始のモルディブが無事に(たぶん)終わり、新たなミッションが。
新たなといっても、2008年から私は毎年参加している
世界遺産トゥバタハリーフのダイブクルーズだ。

今年のGWはどうやらカレンダーがいいようで、
4月28日が土曜日。
5月1日、2日を休めれば5月6日まで9連休!

私が参加するトゥバタハリーフの「オーシャニックエクスプローラー」ダイブクルーズは
WEでおなじみの《ワールドツアープランナーズ》が企画。

4月28日(土)発のフィリピン航空利用7日間
http://www.wtp.co.jp/cgi-bin/inet_tour.cgi?gocmd=detail2&area=PH&item_no=PPSOE07

4月28日(土)発 航空会社指定なし8日間
http://www.wtp.co.jp/cgi-bin/inet_tour.cgi?gocmd=detail2&area=PH&item_no=PPSOE08

の2つのコースが設定されている。

トゥバタハリーフというのは、フィリピンの南西部にある大きな海スル海(スールー海とも)の真ん中にあって、
一番近いプエルトプリンセサからは船で約10時間と、
ダイブクルーズでしか行けない憧れの海。

しかも、季節風の影響で毎年3月中旬から6月中旬頃までのわずか3ヶ月間しかアクセスできない。

さらに、小さなエリアに生息するサンゴが300種以上もあるということで
非常に貴重だということからUNESCOの世界遺産に早くから登録されているエリアなのだ。

そんな期間限定・世界遺産の海にはダイバー垂涎の大物もいっぱい!
ジンベエザメ
2010年に会ったジンベエザメ。昨年も、私たちの船では会えなかったが
ほかの船の日本人が会っている。

ハンマーヘッドシャーク
昨年、最後の最後に現れたハンマーヘッドシャーク!

マンタ
2010年に会ったマンタ

ギンガメアジの群れ
ほぼ確実に会えるギンガメアジの群れ。ブラックフィンバラクーダの群れもたいてい会えるのは魅力。

でもやっぱりトゥバタハリーフはサンゴがきれい!
世界自然遺産のサンゴ礁
ちなみにハードコーラルも見事だが、ソフトコーラルもめちゃくちゃキレイなのだ。

海の上からのサンゴもキレイ。
オーシャニックエクスプローラー
サンゴ礁に浮かぶオーシャニックエクスプローラー。

ジンベエ、ハンマー、マンタについては確約はできないものの、
今年は何が出るか、ワクワクドキドキである。

まだツアーには空きがあるようなので、
ぜひご一緒しませんか?



ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!

ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。