スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵井カメラマンのトークショーへ

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



今さら書くのもナンですが・・・
先週土曜日に東京・池袋で開催された水中カメラマン、鍵井靖章さんの
トークショーに行ってきた。

先ごろ発売された鍵井さんの写真集『海中散歩』(パイ インターナショナル刊)の
編集者と、デザイナー、印刷担当の3名と
鍵井さんが制作時の裏話を語るというもので、
日頃同じような仕事をしている私は興味津々!

当日はもうすぐ発売される増刊ガイドブック『楽園モルディブ』(6月15日発売です!)の校正があって
行けるかどうかもわからなかったのでご本人にも連絡せず。
結局16時スタートのところ、16時過ぎにひと段落ついて、
開始時間から30分以上遅れて会場に入ったのだが(近くてヨカッタ)、
定員100人という席はいっぱい!
予備に用意されていたイスに座ることができた。

鍵井靖章トークショー
満員です!

私の後から来た方もいらして、立ち見状態!
いや~、スゴイ人気だなぁ。鍵井サン!

途中からだったけど、
トークもめちゃオモロイ。

鍵井ワールド全開だ。
鍵井靖章トークショー

でも、鍵井サン以外は、ダイビングの世界を知らない方が制作ということで
新鮮な話がたくさん聞けた。

私も日頃から、まだダイビングを知らない、一般の方にどうやってアピールできるかを
ものすご~く考えていたりするので、
「なんでこの写真を選んだのか?」の鍵井サンの問いに
編集者や、デザイナーの方が答える話がとてもおもしろかったなぁ。

それにしても、この写真集『海中散歩』。
鍵井靖章写真集『海中散歩』パイインターナショナル刊

海の中が色彩に富んでいて、魚や生き物にあふれていて、
私が大好きな世界が広がっている。

『海中散歩』

実は現職に復帰するまでの間、
時々鍵井サンと撮影にご一緒する機会があったのだが
そのときの写真もふんだんに盛り込まれていて
私的にはとても思い出深い写真もあるわけだが。

ラパスのアシカ!

ラパスは、それこそ何度もご一緒させていただいているので
アシカが出てきただけでうれしい(笑)。
そして、アシカはこう撮影するのか!と開眼させられたのも事実。
ま、私はコンデジで、素人写真なワケですが。


ちなみに昨年はラパスではほんの一瞬、ご一緒しただけなのだが、
8日に発売される『マリンダイビング』7月号で
同じ時期に(“はらだま”こと原田雅章カメラマンが)撮影した
特集を組んでいるので、お楽しみに!


・・・なんて自分のところも宣伝したところで(笑)
鍵井サンの写真集『海中散歩』、ぜひ皆さんも見てね。買ってね!

P.S.
トークショーには知人や顔見知りの方がたくさんいらしていた。
旅行社の古くからの知人には
「なんか、編集者の方が話しているのを見て、後藤さんと同じ“空気”を感じた」と言われたのだが・・・
そうなのかなぁ・・・。
ありがたいことです(笑)



ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!

ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。