スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニシキテグリ@パラオロイヤル前

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



最後にパラオに行ってからもう3カ月も経ってしまった。
帰ってからガイドブック『パラオ楽園ガイド』をつくったり
月刊『マリンダイビング』でパラオ特集をつくったりしているんだけど
載せきれないぐらいネタがある。

7月10日発売の『マリンダイビング』で別の取材で行ったパラオ特集があり
今日ようやく制作をスタートしたところなのだが(汗)。

前回の取材でお世話になったダイビングサービス《ブルーマーリン》で
夕方、ダイビングから戻ってきたところで
「あ、そういえば、うちの目の前でニシキテグリの産卵が
海に入れなくても見れるんですよ」
との情報が。

《ブルーマーリン》はパラオでトップクラスのリゾートホテル
《パラオロイヤルリゾート》内にあるのだが
豪華リゾートホテルの前で、ニシキテグリ。
素晴らしい。
パラオロイヤルリゾート


同行した石川肇カメラマンはニシキテグリが大好き。
よし!撮るぞ~!!と張り切っている。

が、私たちがサービスに戻ったのは日が沈んでしまいった夕暮れタイム。
(潜り過ぎじゃ!)

急いで《ブルーマーリン》前の桟橋から駆けつける。

上からは探してくれる部隊が数名。
上からニシキテグリを探してくれる


「こっちにいる!」
「いや、こっちにもいる!」
と、どこに向かえばいいのか迷うほど。

が、いかんせんサンセットは終わっているので
なんとなく、いや、確実に、産卵シーンが終わっている。

ニシキテグリはいるんだけど
なかなかペアになってくれない。
いや、ペアになった後だったんだろうけど。

とりあえず石川カメラマンがペアのニシキテグリを撮ってくれたのだが、
なにせパラオは載せたいものが多すぎて・・・
すみませんっっ! 載せませんでした!!

今のところ《ブルーマーリン》ではハウスリーフダイビングはやっていなくて
ニシキテグリも水深50㎝にも満たないところで産卵しているため、
まさに上から見るのが楽しみなわけだが、
《パラオロイヤルリゾート》に宿泊の皆さまも夕暮れ時間はぜひ海辺でお楽しみください。


ニシキテグリ
これがニシキテグリ。パラオの「マリンレイク」で撮ったものだが。



ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!

ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。