スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマノミに襲われる~忘れられない思い出

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



昨日(もう一昨日だが)千葉の館山で
潜水医学セミナーが開催された。

講師は『マリンダイビング』の連載でもおなじみの
山見信夫先生。

2部構成になっていて、
1部が海の危険生物についての話だった。

内容については、『マリンダイビング』でもレポートをする予定なので
置いておくとして……

私も過去にクラゲやプランクトン(たぶんクラゲの幼生なんだろう)に
めっちゃ刺されて大変なことになったり(過去にブログで写真入りで書いた)
水上バイクから落ちて海底に足をついたときに
オニヒトデだかオニダルマオコゼの上に落ちて
バレーボールぐらいに足が腫れたり、
ゴマモンガラにフィンを思いっきりアタックされたりと、
海の生物にはいろいろとやられているわけだが、
まず言っておきたいのは、

私が悪いから。

海の危険な生物というのは、こちらが触ったり、
彼らの縄張りに入ったりしなければ
襲ってくることはない。
よほどのことがない限り。

ただクラゲ類はもう不運としか言いようがないわけで……。


そんな襲われ体験の中で、忘れられないのが
モルディブ「フィッシュヘッド」での出来事。

な、な、なんと、クマノミに襲われたのだ。

クマノミも自分の巣の周りに来る外敵を襲うという習性があるわけだが、
私は、クマノミにも巣にも気づかず、
たぶん何かの写真を撮ろうと根の上の岩場で写真を構えていたのだ。

そのとき、右足に何かの衝撃が走る。
2回、3回と続いた後、
4回目に皮膚に何かが刺さる感じがした。

振り返ると……
クマノミに襲われる

えええっ! クマノミ!?

そのとき薄手のウエットスーツを着ていたのだが、
スーツを超えて皮膚まで噛まれていた。
くいこんでる!

食い込んでる!!

ところが……
あまりにも食い込み過ぎたのか、
クマノミ、歯が挟まってしまって動けなくなっていたのだ。
私の足の上で(痛いが笑)。

もうこんなことは二度とないだろうと
記念撮影をしたのだが、
ホント、離れられなくなってるクマノミ。

スーツのほかの部分をつまんでパンパンしたら
ようやく食い込んだクマノミは離れて行ったが、
いや、笑った。痛かった。

はい。私がクマノミの縄張りに入っていたのがいけないのです。

が、あまりの驚愕の体験。あれから3年か4年経つけれど
ホント、忘れられません。

皆さまも気をつけてくださいね。


ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!
ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。