スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012潜り納め@大瀬崎

このブログの写真は富士フイルムのFinePix F600EXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


今日の大みそかは急遽、自宅で迎えることになったので
お正月の買い物がスケジュールに追加され、さっきまで大掃除。
やり残したことはあるけれど、3年ぶりの大みそか、かなり頑張った。

今年は年末年始の休みが意外に長いということで、
ならば!と、昨日潜り納めに大瀬崎へ。
大瀬に潜るのは、ひっさしぶり!!
前日から入っていた編集部の女子たちに合流した次第。

あいにくの冷たい雨で、セミドライといいつつも
水が首から、腰から、入るため、かなり寒かったが、
ずっとガイドしてもらいたかった《はごろも》のシュウさんにガイドしてもらえたので
寒さを忘れて楽しめました!
(といっても、2ダイブが限界だったが)。

この時期は透明度がいいのがうれしい。
ちょっと気になるものがいて、離れても、どこにみんながいるかわかる(^^;;)。

「一本松」はやっぱりソフトコーラルがキレイですね~。
一本松
コンデジの内蔵ストロボしか使えなかったが、
キレイだと思いませんか?
(腕が悪いってか・・・!?)

小さなエビとかカニとかいろいろ見せてくれたのだが、
やっぱり私のカメラでは限界で・・・。
体長10cmはあるニシキウミウシでご勘弁を!
(すみません、シュウさん!)
ニシキウミウシ

でも初めて見るエビ・カニも多くて感動でした。
上がる間際に見たアカカマスの群れにも感動。
次のダイビングでもエントリーしてすぐに見られたのだが、
回遊魚、やっぱり好きだ。


たっぷり50分以上潜ったら手がかじかんで、フィンが脱げず、
脱がしてもらうという失態もあり・・・
あったかいお風呂でしっかり体温を戻した後、2本目へ。

2本目は「湾内」。
右手の方に向かう。

海底に張ってあるロープの手前のほうで、
ムレハタタテダイの群れに遭遇!
ムレハタタテダイ 季節来遊魚

11月頃からものすごく寒くなって水温も下がっただろうに
季節来遊魚がまだこれだけいるのは本当に奇跡だ。
越冬してほしいと願わずにいられない。

それにしても、「湾内」で、コンデジで、この透明度。
すごくないですか!?

実は2本目に入る前にバッテリー交換をしたとき、
内蔵フラッシュを立ち上げてなくて(F600EXRはこれが怖い)
2012年のラストダイブだというのに、ノーストロボ。
私らしい大失敗だ(汗)。

かなり苦労したのだが、撮れました! 1cmぐらいのスルガリュウグウウミウシ!
スルガリュウグウウミウシ
撮れたのか!? という画像ですが、中央にいるのです。

アップにすると・・・
スルガリュウグウウミウシのアップ
ボケボケでした(汗) でも雰囲気はわかるかなぁ。

その後、2012年の干支、辰年にちなんで
オオウミウマ(タツノオトシゴの仲間なんで…)
オオウミウマ

潜り納めには最高!
シュウさん、そしてこの機会を作ってくれたお二人、ありがとうございました!!


ということで、この後アフターダイブのことも書きたかったのですが
もうすぐ2012年が終わってしまうので、ひとまずごあいさつを。

2012年、いろいろと応援していただいた皆様、ありがとうございました!!
喪中のため、年賀ハガキは出しておりませんが・・・
さぼりがちなこのブログも2013年はもう少しマメに書いていこうかと思っています。

2013年もよろしくお願い申し上げます!!

皆様、よいお年を!!


ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!
ダイビングを始めた方に強調文ぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。