スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリのおいしいレストラン♪

一昨日、私はインドネシアのバリ島におりました。

バリでちょっぴり時間がある…ということで、
古い知人に誘われてチャンディダサのNEWダイバーズリゾート、
アラム・アスマラへ。

目の前に知る人ぞ知る大物スポット、テペコン島が見えます。

敷地はさほど広くはないけれど
水が敷地内に張り巡らされ、
窓辺から隣の壁に施されたアーティスティックな彫刻が見えるヴィラ。
屋外のバスルームがめちゃくちゃオシャレで、
マジ、癒されます。
マジ、気に入りました。
詳しくは3月9日に発売される『マリンダイビング』4月号で…。

と、言いたいところですが、ここのレストランがまたすごいんです。
バリのチャンディダサというと、
リゾートエリアで単体のレストランが数えるほどしかない。
で、ここのレストラン「ランデヴー」がめちゃくちゃおいしいとあって、
最初は私たちしかいなかったのに(午前中に到着したから)
ふと気づくと満席!
既に有名な人気レストランになっている次第。
地元の食材と、シェフの手による創作料理が素晴らしいと評判のよう。

イタリアンとバリの料理の融合という感じのメニューで
サラダ代わりに頼んだブルスケッタ。
トマトとオリーブがふんだんに載っていて、
素材の味をこわさないオリーブオイルがかけられた
オープンサンド
(この説明をしている時点で、自分が古い人間だということを立証しているような気がする)。
ブルスケッタ‘Alam Asmara

たまらないおいしさ!

バリといえば、サテ。
でも、「サテ・リリット」はお魚なんだよ、と言われて
頼んでみたのがコレ。
sate lilit @ alam asmara

後から来たドイツ人が、私たちのを見て注文してましたが、
正解!
めっちゃ美味。ちょっとつくねというか、鍋に入れる魚のすりみのだんごというか、
それをじっくり焼き上げたものなのだが、
深い味わい。
今までバリに深い味わいなんてものがあったかなぁ…と
思い起こしてみるものの、いや、ない。
そんな素晴らしい味でした。

メニューにはほかにもたくさんあったのですが、
さすがにそんなに食べられません。
(とはいえ、ナシゴレンを注文したんですが、
これがまた、おいすぃ~い!)

ぜひ皆さんもバリに行ったら、
お立ち寄りくださいね!

あ・・・アラム・アスマラ滞在のダイビングツアーは
『マリンダイビング』4月号までしばしお待ちを!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

アラックさん!

アラックさん
コメントありがとうございます!
今度ウブド方面に行けるときは、チェックします!
あの、つくねのようなサテ、はまりますね~。

この間のサテ・リリットもレモングラスが芯になってました。
本当においしかったのです。

バグース!!

バグース!

後藤さん、ご無沙汰しております、アラックです。
(水中映像サークルの現代表)
バリ島大好きです、というか、この10年弱は
お金が無くて、1年の1回の海外がバリ島です。
サテ、レモングラスが芯になっていますね、高級
ですよ、バグース、やっぱりビンタンが欲しいです。
毎年ダイビングのあとにウブドへ行くのですが、途中の
クサンバ辺り?のサテイカン(魚のサテ)の有名店で
食べるのが楽しみなんですよ、メニューは一つ。
プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。