スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界に届きつつある『マリンダイビング』1月号

今日、パプアニューギニアの《ワリンディ・プランテーションリゾート》の
恵子さんから
「マリンダイビングが届きました!」というお知らせをいただいた。
(フィリピンのモアルボアルからもちょうど今日、同様のお知らせを
いただいている)。

『マリンダイビング』1月号ができて発送したのが
12月6日だから、2週間かかったことになる。
エアメールなのに、やっぱり時間がかかるもんだなぁ。
でも、ワリンディで2週間は、早いほうかも!!

・・・なんて思いながら、
1月号で使う予定だった写真をバッサリ整理するときがやってきた。

ワリンディのサンゴ礁
「カースティジェーンズリーフ」のキャベツサンゴとムチヤギ群生

いえ、ちゃんと保管はしているんですけどね。

それにしても、いい海だったなぁ。

キンベ”湾”にあるので、外洋で出会える迫力は期待していなかったのに、
しっかりバラクーダトルネード潜りもできたし(^^)。
※以前のブログをご覧ください!

そうそう、ワリンディでの最終日には朝5時集合で
バードウオッチングに出かけた。

視力がすこぶる優れたマダン出身のガイド、ヨゼフさんに連れられて
ワリンディのリゾートからそう遠くない山や田園に入って行ったのだが、
ヨゼフさんがパタッと立ち止まって、
そーっと双眼鏡をのぞき、
望遠鏡を設置しだす。

その間、私には何が何だかわからないわけで、
ただただ彼方に見える草木を眺めているだけ。

で、ホラホラ・・・とセッティングしてくれた望遠鏡をのぞくと
(双眼鏡で見てもわからない)
向こうの山のてっぺんに生えている木の枝々に
ものすごくカラフルなオウムが何羽もいたり、
きれいな鳥がいたりする。
視力1.2はある私ですら(昔は2.0あったんだけどなぁ)見えない木に、である。

持って行った一眼レフが役立つわけもなく、
ようやく撮れたのはコレ。

バードウオッチング
ワリンディのアヒル? ガチョウ?

でも、バードウオッチングをしたのはこれが初めてだったのだが、
めっちゃおもしろかった。
鳥の探し方のコツもちょっとわかったし。

そして、ワリンディを発って、ロロアタで1泊したときには
シンシンショーを見学。


ロロアタアイランド シンシン

ちょっとというかかなりブレブレながらも、
この写真、かなり気に入っているんだけど(自画自賛・・・笑)。

ダイビングだけでなく、結構陸上も楽しめたわけだが、
どこの国にいっても、おばちゃんは強い。
ホスキンスにて

ホスキンスの空港の敷地外に
露店が出ていて、ぷらぷらしていたら、
この女性のワンピースがあまりにも似合っていたので撮らせてもらったのだが、
そこからが大変。、
「なんで、私を撮らないの!?」という女性が後から後からやってきて
飛行機に乗り遅れるかと思った。

ということで、ホント、まだまだネタはあるけれど
パプアニューギニアのワリンディ、いいですから、
『マリンダイビング』1月号の特集もぜひ見てみてくださいね!!






スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。