スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリ レンボガン島沖で7人行方不明

バリ島の沖、レンボガン島で14日、ダイビングをしていた日本人女性7人が
行方不明という速報が。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140215/k10015263931000.html

レンボガン島は、ヌサ・ペニダと呼ばれる人気エリア。
マンボウやマンタが出るスポットで有名なのだが、
流れが非常に速いところでも有名。
ダウンカレントなども発生するスポットもあるので、
注意を要するところでもある。

報道によると7人のうち、地元インストラクターが2名、ゲストが5名。
ゲストのダイビング経験や年齢などはまだ伝えられていない。

とにかく7人がまとまって浮上していれば、助かる可能性は大だと思うが、
昨日から天候、海況があまりよくないらしい。

無事の生還を祈るばかりだ。



追加です。
ニュースで、行方不明になっているのは20~50代の女性とのこと。

ダイビングサービスのガイドさんが30代の方2名。

ちなみに、昨日のレンボガンは
その頃、流れはほとんどなくて、海中でダウンにつかまったり流されるということは
あまり考えられないとのことでした。

ただ一日中雨が降っていて、時には激しくどしゃ降りに。
浮上したダイバーをボートオペレーターが見つけられなかった可能性が大。
とのこと。

ということは7人が固まっている可能性はある。
漂流してから24時間以上経つが、
早く見つかってほしい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

残念です

残念です。
事故は悲しいです。
昔に友人をパラオで亡くしました。
古川さんとは何回もトランバンでお会いしています。
ガイドの方がゲストの皆さんの安全を確保できなかった
異常状態だと思います。
私はバリ島を20回以上潜っていますが、あの付近は
恐くて潜っていません。
ボートとの連絡方法、ダイバーの位置を確認するGPS
機能など安全の普及を願うばかりです。
プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。