スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリカサグ遠征

早くもボホール滞在の半分が終わってしまった。

昨日アップするつもりで、
すっかりハッピーアワーのお誘いに負けた私。

ここノバビーチリゾートでは、
夕方4時から5時の間は
1本の値段で2本飲めるのだ。

もちろん5時を過ぎたからといってやめられるはずもなく・・・(^^;;)


さて、バリカサグ島への遠征。
『マリンダイビング』LOVEなゲストの方に言われてしまったのだが、
「バリカサグといえばギンガメアジとバラクーダだと書いてあるので
まさかこんなにパープルビューティが大乱舞していてキレイで
クマノミも全種類見られるとは思ってませんでした!」

ガーン。
私、書いてたつもりなんだけど(最近、特集は担当してなかったしな・・・とここで言い訳)
バリカサグは、サンゴも大物もウミガメも何でもいるから
絶対に遠征すべし!なスポットなわけで・・・。

ここのところバラクーダはあまり群れていないそうで
今回も私は大きなバラクーダの単体しか見なかった。
3本目、エグジットするときに、私はマスクを既にバンカーボートに上げたところで
「バラクーダ!」とガイドさん。
1人だけお客さんがまだ全部装着をしていて7,8匹のバラクーダを見た、と。
ま、それぐらいあまり出ていないのだ。
ましてやゴールデンバラクーダは3年ぐらい音沙汰なしなんだとか。


しかもギンガメアジもここ数日間、出が悪いと聞く。


うーむ。

やばい。

・・・と思っていたら、2本目のダイビングでエントリーした瞬間
ギンガメトルネード。

「追いかけると逃げる」
と言われたのでじっとしていたら、
向こうからやってきた!
バリカサグ

MDの面目躍如!?

ついでに動画も!
http://youtu.be/z3r51LdGooE
※画像がなぜか荒れてます


それにしても、バリカサグ。
4年ぐらい前に潜ったときも感じてはいたが・・・
アオウミガメがやたら多くなった気がする。
気がするだけでなく、現地の方もそうおっしゃっている。
「バラクーダとウミガメの世代交代ですね~」

なるほど。

バリカサグ

なんだかマレーシアのシパダンみたいになってきた!?

でも、何度潜っても、やっぱりバリカサグはおもしろい。

滞在中にもう一度行かなくては!?
(でもほかにも行きたいところが・・・。どぉしよぉ)

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。