FC2ブログ

マンタに祝ってもらった1900本

ダイビング雑誌の編集という職業柄、
今まで記念ダイブというものをしたことがない。

でも、一応ログ付けをしているので、
そろそろ何百本というのはわかる。
忘れているときのほうが多いけど。

で、今回は1900本目(すみません、業界に長いこといる割には少ない)。
何とも中途半端な感じなので、
周囲には黙っておくことにする。

が、行き先はマンタポイントというではないか。
バア環礁の「ネリバルベル」。

1900本目でマンタを外したらヘコむなぁと不安がよぎる。

スポットに向かう途中、カジキがジャンプしたのを2度ほど見る。

おっ幸先いい!

ロイヤルからは15分足らずで到着。
ここのリゾート、バア環礁の有名スポットに遠くても30分と
ダイバーには最高なのだ。

エントリーした瞬間に、真下に大きなマンタ!

とりあえず1枚はいた。
これで当たらなくてもいいことにしよう。
そう思いながら、クリーニングステーションに向かっていく。
リーフ上をまたマンタが通り過ぎていく。

とりあえず2枚はいた。
うん、ダメでも満足としよう。

そして、クリーニングステーションに到着すると・・・
マンタが根の上でぐるぐる。

おおおおおお!
やった~!!!

1900本目という中途半端な記念ダイブは
かなりいい感じではないか。
日ごろの行いがいいせいかな!?

そう、たぶん日ごろの行いがいいせいか(図々しい?)、
1ダイブ中ずーーーーっとマンタは目の前でマンタトレイン状態になっていたのだった。

ということで、ほぼ連写の6カットを見てくださーい。
Mantaray

Manta

Manta

Manta

マンタ

マンタ

あと、4年か5年前に会った、
サメか何かにかじられてヒレが痛々しいマンタちゃんも健在!
Nerivaru Thila

ほんわかした気分になれました!

滞在中また会えるかな?


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR