スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奄美大島エビ・カニ大作戦その後

1カ月ほど前に、『マリンダイビング』の公式ブログのほうに
奄美大島でのネイチャーウオッチングは楽しい! スゴイ!的な記事を書いたのだが、
「魚たちのスグレた能力に気づく一冊」
仕事に飽きて(ってほど今日は一生懸命やっていない気もするが)
ぷらぷら「いつか使おう」と思ってとっておいた写真を眺めていたら、
その時に載せ忘れた写真があったことに気づく。

それにしても、エビ・カニ道は奥が深いなぁ。
っていうか、よくガイドさん、見つけてくれるなぁ。

今年、結構感動した出会いがこのパロンシュリンプ。
パロンシュリンプのホスト

伯爵的なバロンかと思ったが、Pから始まるパロンのほうが正しいみたい。
(学名がGelastocaris paronaeだから間違いなくパロン)

・・・にしても、絶対いつも通っていたようなカイメンに、
なぜこんな生き物がいたのだろう? 見えない。擬態がうますぎる。
外敵を欺くには最高の技能の持ち主ではないか。

しかも、写真にしたときのこの色!
私のコンデジでも十分写る!!

でも、ちょっと引いてみるともう見えない。
パロンシュリンプ

まあ、気づいた後からならこれぐらいでも見えるのだが・・・。

でも、まだこの写真では大きさ感がわからないはず。

これはどうでしょう?
諏訪誉

こんな小さな岩の、こんな小さなスペースに張り付いたカイメンに、
パロンシュリンプは生息しているのだ。
すごくない?

ホワイトボードには「エビとは思えないエビ パロンシュリンプ」と書いてくれているのだが、
ホント、水中ライトで照らしてくれていても、最初はまったくわからなかった。

ガイドさんは《ネイティブシー奄美》の諏訪誉さん。
私がやはり『マリンダイビング』の公式ブログに
「ガイド力に惚れる!・・・」というちょっと自分でも気持ち悪いブログをあげたのだが、
そのときのガイドさんだ。

今月いっぱいで退職しちゃうという噂でとても残念なのだが、
きっと、きっと、独立してまたまた楽しいガイドさんとなってくれるんだろうな。

それにしても、奄美大島。
めっきりリーズナブルな航空券やツアーが出ていて
冬でも行きたい南の島として、注目されている。
私もうまいこと休んで行けないだろうか。休日出勤してるようじゃ、行けないんだろうなぁ(遠い目)。





スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。