スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年最後に読んだ司馬遼太郎

あっという間に2014年も最後の日。
まさに怒濤の一年だった。
来年もさらなる難関が待ち受けているような気もするが。

ところで、2日前ぐらいに読了したのだが、
この本、面白かった!
木曜島の夜会
司馬遼太郎の『木曜島の夜会』。

4つの短編から成る文庫本で、
一話目が本のタイトルともなっている「木曜島の夜会」。

明治初期から第二次大戦前にかけて
オーストラリア北部の木曜島で
高級ボタンの素材となる白蝶貝を取りに出かけた日本人のドキュメンタリー。

何気なく買っただけで、まさかダイビングのことが出てくるとは思っていなかったのだが、
白蝶貝をとるにはダイバーが必要とされていて、
ほかのどこの国の人でもない、日本人のみがこの仕事に向いていた・・・という事実を知る。
しかも、日本でも南紀、古座川の周辺の人たちが
ほとんどだったとか。
ちなみに司馬先生は「ダイヴァー」と表記しているが。

物悲しい話ではあるが、いろいろな発見もあって、
そして司馬先生の南の島を表すボキャブラリーの豊富さに脱帽。

短編ではあったが、本当に読み応えのある本だった。

後半の3編は、来年の大河の舞台となる長州の、
あまり光が当たっていなかった人たちの話。
こちらも短いけれど、面白かった。


さて、年末年始は、再版となる自社単行本の読み直しだ~!!
(おかげさまで売れ行き好調の2冊!)

でも、電車で行き来することがあったらと、
買ってきたのは話題のこの本。
通訳日記~ザックジャパンの・・・
今年のブラジルW杯は、日本勢は観るところなしの体たらくだったけど、
この本で少しは溜飲が下がるかな。

さて、今日はまたブログが書けるかどうか!?
(本当は、あと少し、南の島のことが書きたいのだけれど、意外とやることがいっぱいある)

今年も皆様、本当にお世話になりました。
ありがとうございます。

来年も皆様にとって良い年でありますように!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。