スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポール・マッカートニーはMUSTだと思う

昨日、FBでもつぶやいていたのだが、
山ほどある仕事を放りだして、行ってしまった、ポール・マッカートニーのコンサート。

2013年に来日した時も行きたかったのだが、
タイミングが悪すぎ、
昨年もタイミングが悪すぎ、
今年は、「ちゃんと滞りなく進行していれば行ける」状態だったので、
会社の子が「予約する!」と宣言したときに、お願いしたのだ。

が、「ちゃんと滞りなく進行」したことがかつてあっただろうか?
あるわけない。あったとしても、忘れちゃうぐらい少ないことだ。
で、案の定、やるべき仕事は終わっていなかったのだが、
週末で、ある程度、日曜日にやっても許されるぐらいの量だったこともあって、
しっかり間に合うように出かけたのだった。

ポール・マッカートニー OUT THERE 2015
開演間近とあって、東京ドームの入り口はかなりの人

席は1階席の3塁側。だけど、わりと正面!
舞台が小さいなぁ・・・。
最近、近眼というか乱視というか、疲れ目で、
遠くが見えなくなってきたので、ツライ。昔はここでもよく見えたのになぁ。
ポール!

でも、巨大モニターが舞台の両脇にあって、
それはバッチリ見えた。


開演18:30と言いながら、実際は19:15過ぎに始まったのだが、
「8 Days A Week」に始まり、ビートルズのナンバーがたくさん!

ビートルズはめちゃくちゃよく聞いてきたし、今も聞いてるけど、
ポールのソロ活動はあまり追いかけてなくて、
実のところ、ついていけるかどうか不安だったのだが、
何にも問題はなかった。
ビートルズの後もウィングスと一緒にやってた時代、
ヒット曲が多数だったので、覚えている曲ばかりだった。

「The Long Winding Road」を何気なく前半で始めてしまったり、
サラッと名曲をガンガン飛ばしながら、歌いまくるポール。

今、このときを、ポールの声を聴きながら、一緒に歌える快感。
「世界遺産」ともいえる、ポール・マッカートニーと同じ場にいる幸福感。

人生にはいろいろ大事なことが転がっているように思うけれど、
「これは人生で絶対、見ておかなければいけない」という瞬間にいられたと、
かなり満足している。

忙しい・・・なんて言いながらすみません!!

でも、本当に素晴らしい夜だった~。

チケットを手配してくれたJちゃん、ありがとうございました!
そして、仕事を放りだしたのにフォローしてくれたFちゃんもありがとうございました!!




スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。