スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MDFその後~ミシュランの店「青柳」

今日も、ちょっと仕事をしてきました。
なので、今月は休みなし。
休日出勤・残業代が出るならば、富豪になっていたかもしれないんですけどね。
それはない(汗)。

でも、「役得」ということもあるわけで・・・
ふふふ。

報告が遅くなりましたが、マリンダイビングフェアが終わった翌日、
シーラカンスの生態撮影に初めて成功した、
フランス人の写真家で海洋生物学者のローラン・バレスタ氏を囲む
ブランパン主催の昼食会なるものに参加させていただきました。


場所はロシア大使館のすぐ近くにある日本料理のお店「青柳」さん。

バレスタ氏の話もチョ~超~面白かったのですが、
料理が出てくるとフォトタイム!
(バレスタさんも撮りまくっていました・・・^^)
何せミシュランガイドに載る有名店。
もちろん、行くのは初めて。

ワタクシとしたことが、その日のメニューを控えてくるのを忘れてしまったのですが、
前菜?からデザートまで、コース料理でした。

で、最初に出てきたのがこちら。
一品目 青柳 お寿司
素敵なお皿に盛られたお料理。
筆箱のような細長い、漆器を開けると、中にはお寿司。

青柳 お寿司
お寿司ったら2段になっていて、下にもお寿司が入っていた。

前菜とはいえ、お寿司が入っていて、
旬の魚介類が使われている。おいしい。ペロリと食べてしまう!

はものお吸い物 青柳
お吸い物は、確かハモの練りものが入っていたと思う。
きのこも香り豊かで歯ごたえもあって、美味。

日本料理だ~!
でも、フレンチっぽくもある。

そして、タイ(だったと思う)のお刺身に、季節の野菜の天ぷら。
タイのお刺身 青柳

天ぷら 青柳

レンコンの・・・青柳


ローラン・バレスタさんと同じテーブルだったので、
(うち出身のライターで、ローラン・バレスタに最も近い、フランス語ペラペラのNさんが
同じテーブルにいたので、ずっと会話できていたわけではないけれど)
緊張しつつ、聞きたいことをいっぱい聞いて、
途中のお料理は味わえたか?といえば、そうでもないのですが・・・

もしかしたら途中撮り忘れていたかもしれないが、
〆で出てきたごはん。

ごはん @青柳

お米がおいし~い!
お漬物もおいし~い!

お店では、「卵かけごはん」を勧めていて、
バレスタ氏もトライしていたのだが、
ご飯だけでもメッチャ美味!

お昼だからと、自分に甘い私はしっかり食べた。
でも卵かけごはんは遠慮したのだが、うーん、悔やまれる。

その後、レモン風味のくず湯が出てきて(これがまた美味しい!)
シトロン風味くず湯 @青柳

さらにはどら焼きま出てきて・・・
どらやき @青柳

日本料理ってやっぱりスゴイなぁと思った次第。
味にはオンチではないけれど、
そんなに高級な食べ物には慣れていないので、かなり緊張したが、
いや~、美味しかった!

水中表現家の二木あいさんとはテーブルが違ったので
あまりお話ができなかったが、
最後にローラン・バレスタ氏と二木さんのツーショット!

二木あいさん&ローラン・バレスタ

それにしても、私はその時知ったのですが、
1998年ぐらいだったと思う、パプアニューギニアのフォトコンテストを
『マリンダイビング』で発表した。
グランプリは、シャコが捕食しようと長い前脚を繰り出して獲物をパンチした瞬間の写真。
その撮影者がローラン・バレスタ氏だった。

その時にも感動したのだが、
うーむ。やっぱりすごい人だったんだなぁ。

その日、会社はお休みではあったけれど、
素晴らしいひとときを、ありがとうございました。


来月、GW期間の何日かは休めそうな気がする。。。
たぶん。。。






スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。