スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F600EXRのストロボ

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



実はモルディブに行く前に、新品のF600EXRを持って伊豆へ行ったのだが
取扱説明書を全然読まずに行き、水中でストロボが使えない!という緊急事態に陥った。

F600EXRは、ストロボ(フラッシュ)を使う時に自分でボタンを押してプッシュアップするしくみになっているのだ。
そして、普通は電源が切れるとともにストロボは閉じてしまうのだが、
防水ケースを使用するモードにしておけば、
電源が切れてもストロボが上がったままになっている。
初めから調べておけばよかった・・・。

ということで、モルディブでは汚名挽回とばかりに
ストロボを上げて、いつでも使えるようにしておいた。

最初に入ったシャークポイント、「エマス・ティラ」は、
オーバーハングのソフトコーラルがとてもきれいなところでもある。
水中ライトを持っていないので、ピントが心配だったが、
ご覧のとおり、バッチリ光が回っている!(ハウジングには拡散版が付いている!)
オーバーハングのシャンデリアソフトコーラル


ムチヤギにいたムチカラマツエビはよく動くし近寄れないので
やっぱりピントを合わせるのが大変だったが、何とか撮れた・・・ような気がする。
ビシャモンエビ


翌日入った「アスルガ・ティラ」では大物よりもフィッシュウオッチング。
ということで、たくさんあるヤギを見ていたら、いるいるクダゴンベ。
こっちのクダゴンベは色がちょっと浅いようである。
クダゴンベ


オニダルマオコゼも2匹!(ほかの場所にも何匹かいたけど)
オニダルマオコゼ

ちょっと色が浅いのはやっぱり水中が明るいからだろうか。
モルディブなどの南の島ではオートじゃなくて、ちょっと絞ったほうがいいのかな。



ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!
ダイビング読ん得ガイド

ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1600円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。