スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルディブのハウスリーフがいい!

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


一昨日はラパスへ行く直前に
経由するUSAの入国用のESTAの有効期限が切れていて超焦ったが、
USA入国はESTAの番号を聞かれることもなく
無事、ラパスに到着(USA入国時にカメラマンは別室に連れていかれ、どうしようかと焦ったが)。

その前にモルディブのことをまだ書き足りていなかったので
長いフライトの間に書いてみた・・・。


モルディブといえば、ダイビングだけでなくスノーケリングでも十分楽しめる
ハウスリーフが魅力。

《コンスタンス・ムーフシ》でも、ハウスリーフはとてもキレイ。
前回行った時にチェックできなかった北側のリーフに行ってみる。


サンゴは反対側の南側というか、西側のほうがキレイな気もするが、
向こうは浅すぎて潮が引いている時はドロップオフに出にくいのだが
こちらはそれはなくて、ラクにスノーケリングができる。

白砂の砂紋もとってもきれい!
砂地に小さなサンゴが点在しているのもハッピー気分。
ビーチヴィラの前

サンゴが連なる辺りにはたくさんのトロピカルフィッシュが。
サンゴと魚たち

で、前回行った時も聞いたのだが
リゾートのハウスリーフでどこが一番?と聞くと、
メインジェッティと東北側の水コテの間辺りという答え。

今回も潜っておくか・・・とかなり頑張って泳いだが、
一番よかったのは、メインジェッティのすぐ下。
イワシがものすごい群れで群れているのだ。
メインジェッティのそばのイワシたち

時々やってくるカスミアジの編隊やブラックチップリーフシャークの赤ちゃんは
今回は撮れなかったけれど(なぜなら、ものすごく広範囲を泳ぎ、時間がなくなった・・・)
そういうのも狙ってみたい。


しばらくモルディブのリゾートに滞在することはなさそうだけど、
(既に10月に1回、機会を逃している・・・)
やっぱりハウスリーフのスノーケリングもいいなぁ。
(プロのカメラマンに撮ってもらうのが一番いいんだけど・・・汗)


ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!
ダイビング読ん得ガイド
ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1600円!
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。