スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーシーズンズ

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!


今、読んでいる本。
『フォーシーズンズ~世界最高級ホテルチェーンをこうしてつくった』
(イザドア・シャープ著 文藝春秋刊)
フォーシーズンズ

バスルームのシャンプーや客室内の電話、ドライヤー、
24時間ルームサービス、フィットネスジムなど
世界で初めてホテルに導入した最高級ホテルチェーンの創業者で会長の、
イザドア・シャープ氏が書いた自叙伝だ。
発売されたのは実は今年の1月なのだが。

カナダの建築業者だった著者が1軒目のホテルを建て、成功を収めたのをきっかけに
世界へ羽ばたいていく様子、
ホテルを経営していく上でのユニークな経営方針などが細かく描かれていて(それでもその長い歴史のほんの一部なんだろうけれど)
ものすごくおもしろい。ホテル経営だけじゃなく、いろいろな事業をやっていく上でも役立つことが満載だ。
まだ半分ぐらいしか読んでないんだけど。

ところで、フォーシーズンズといえば、
日本では椿山荘が有名。
私が最初に行ったのは、モルディブのクダフラだった。
もちろん、取材で。
(当時もモルディブで一番か二番高いリゾートだった)。

昨年はモルディブのクダフラとランダーギラーヴァルの2つの取材もしたところ。
自分には高級ホテルは似会わないと思っているけれど、
施設はもちろん、スタッフが非常に気さくでサービスもよく、居心地抜群だったので、
さすが、フォーシーズンズ!と思ったものだ。

自慢のアメニティはさらに進化。
アメニティ
グレードの高い部屋には、ナント、ブルガリのシャンプーやらボディローション。
私の部屋はこんなんではなかったが、それでもブランド品だった。


クダフラの水上コテージは、コテージ群がひとつのリゾートのよう。
Four Seasons Kuda Huraa


水上コテージへ行く前にはイタリアンレストランがあって
緑の木陰と青いラグーンが抜群のインテリアというか、背景に。
レストラン


部屋からはもちろん、海に直接出られるようになっていて、
水上コテージ
海から上がったら、バスルームに直行できるようになっている。

水上コテージができたのは、モルディブでも早いほうだったが、
そういったきめ細かい造りがここそこにあって、
当時は驚かされた。今はスタンダードになっているけれど。

私が泊まったのはビーチヴィラだったが、
庭にプールもあってゴキゲン!
プールといっても長さ3mぐらいで、こんなところで泳げるわけでもないし・・・と最初は思ったが
夜、星を眺めながらのんびりプールにつかることの贅沢さ・・・。
バスルームでバスタブに熱いお湯を入れて浸かってもいいんだけど、
モルディブの暑い夜にはぬるめのプールのほうがうれしかった。
Landaa Giraavaru
こちらは、ランダーギラーヴァルで泊まったビーチヴィラのプール。

客室は、キラキラした豪華さはないけれど、
シーツや布団、枕など素材が非常にいいベッドに、
大きなクローク、冷蔵庫・・・。
Landaa Giraavaru
ランダーギラーヴァルのビーチヴィラ。

Kuda Huraa
クダフラのビーチヴィラのベッド。

時々、名のあるリゾートへ行っても、インテリアやベッド回りのファブリックが安っぽくて
がっかりすることがあるけれど、フォーシーズンズではどれもこれもイイものが使われていて
感心したものだが、今回、この本を読んで、納得。
利益追求だけではないのだ。

最近はほかのリゾートでも見かけるようになったが、
日中、アイスシャーベットを配っているスタッフがいた。
ビーチおじさん
出会わなければサービスはしてもらえないのだが、
「お客様がしてほしいと思うことをする」というポリシーがあってのこと。
こういう無料サービスを提供してくれるのも、やっぱりステキ。

金言がいっぱい詰まったこの本。
フォーシーズンズのファンはもちろん、これから何かをしていこうというビジネスマンにもオススメです。

それにしても・・・また行きたいなぁ。
Landaa Giraavaru Four Seasons
ランダーギラーヴァルで一番気に入った風景



ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!
ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!(すみません、過去数回、間違えて税抜きの数字を書いてましたっっ 汗)
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

ありがとうございます!

設定にそんな項目があったなんて!!

何度も防水ケースに入れたり出したり、説明書を見たりしてもわからなくて…

今、見ながらやってみたらできました!!

これで、海でアタフタしないですみそうです(*´д`*)
ありがとうございました!!

F600EXRのフラッシュについて

まさみさん
F600EXRのフラッシュは、防水ケースに入れる前に、
「セットアップ」のところの最後から2つ目にある
「防水プロテクター」をONにすること

そして、
防水ケースに入れる前に
ストロボ(フラッシュ)を上げておくこと

の2つの作業が必要なんです。

これだと電源がOFFになっても
水中で撮りたい時にまた電源をONにすれば
ストロボが使えますよ。

これに気づかず私も最初は水中でストロボが使えず
超焦りました!!!!

FinePixF600フラッシュについて

いつもきれいな写真見させていただいてます!
教えていただきたいのですが、防水ケースにカメラを入れたとき、電源を切るとフラッシュが勝手に収納されてしまいます。

電源を終始入れておくこともできないし…。
以前ブログの中でフラッシュについてお話されていたので、何か方法をご存知でしたら、教えていただけませんか??
プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。