スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期間限定「小曽我洞窟」潜った~!

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!



週末の熱海の続きです。

この時期の熱海といえば、
11月1日に期間限定でオープンした「小曽我洞窟」!
先日、ダイビング・ドット・コミュでもマコっちゃんがレポートしていたが、
せっかく熱海に行くなら、ここも潜りたい!!


だが、金曜日の時点では、
「ちょっとうねりが入っていて、濁りもキツイから、潜れないかも」
と現地《ダイビングサービス熱海》の豊嶋さんのツレナイ言葉。

まあ、私としては、潜れればラッキー、潜れなくてもまた行けばいい
という感じだったので、とりあえず熱海に向かった次第。

着いてから豊嶋さんが
「今日の2本目、行きますよ! 『小曽我洞窟』」と
教えてくれる。
いや~、豊嶋さんが神様に見えた。


前回書いたように「沈船」を潜った後、
いよいよ「小曽我洞窟」へ。

東伊豆では洞窟というと、富戸ぐらい?
あまり潜った記憶がない。
魚も好きだけど、洞窟や沈船といったアドベンチャラスなスポットには目がない私。
取材と称して過去に普通ならテックじゃないと潜れないような洞窟もいくつか潜ってきた。
まあ、下調べというか、「小曽我洞窟」に関しては前知識は誰よりもきっと豊富だったので
規模は想像はしていたが・・・。

近場の洞窟としては、おもしろいじゃないか~い!!

小曽我洞窟

熱海「小曽我洞窟」

天気が悪かったのが残念だが、
それでも、私のコンデジF600EXRでここまで撮れる。

もちろん、洞窟だからノーストロボ。
フォトグラファー・むらいちゃんや、MDカメラマンのはらだまのお教えどおりに撮ってみた次第。

いや、できればワイドコンバージョンレンズがあれば、もう少し広角で撮れるんだが。
標準装備で撮ることを使命(!?)としている私としては十分!

シロウミウシ
洞窟内にはこんなシロウミウシもいた。

あちこちの穴には、イセエビも!
(最近、ゴシキエビばかり見ていたから、新鮮!!)

意外に長い洞窟を潜り抜けると、
外側には白砂(!)の海底に根が点在。

根の上ではネンブツダイの群れがびっしり。
ネンブツダイも
露出をオーバー目にしてみたら、めっちゃキレイに撮れた・・・と思いませんか?

透明度がイマイチだったので
ハッキリ見られなかったのだが、回遊魚系の群れもいた。

洞窟の中も外もおもしろい「小曽我洞窟」は、
3月までオープン!
これから透明度がますます良くなるシーズン。

ぜひ皆さまにも潜っていただきたいです。

ちなみに先週末の水温は21℃。
なんちゃってセミドライスーツ+新品のモビーのフードベストで
十分あったかかった。ま、周りの人はドライスーツが大半ではあったけど(汗)。



ゴット姉さん(後藤ゆかり)著の
『スクーバダイビング読ん得ガイド』も絶賛発売中!

ダイビングを始めた方にぜひ読んでいただきたい
ダイビングの楽しみ方や先輩ダイバーの失敗談など
楽しくてタメになる内容です。
水中造形センターから発行。税込1680円!(すみません、過去数回、間違えて税抜きの数字を書いてましたっっ 汗)
ぜひご覧ください!!
詳しくはこちら!
http://www.marine-web.com/items/?kijiid=3116



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゴット姉さん

Author:ゴット姉さん
ゴット姉さんこと後藤ゆかり

スクーバダイビング、南の島の旅関連の雑誌の編集を経て
2011年よりフリーのエディター、ライター、ツアーコーディネーターに・・・
と思ったら2011年夏に古巣に呼んでいただき、
再び『マリンダイビング』副編集長に。

フリー時代の仕事も掛け持ちしながら
ダイビングの楽しさを広める仕事をしています!

2011年4月に
『スクーバダイビング読ん得ガイド』を上梓。
2012年4月に
『パラオ楽園ガイド』を制作・発売。
(いずれも水中造形センターより発行)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。